FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ジャズ   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『King Oliver’s Creole Jazz Band / The Complete Set』

King Oliver’s Creole Jazz Band The Complete Set 初期のジャズで、もうひとり重要な人を。キング・オリヴァー、ジャズバンドのリーダーであり、コルネット奏者です!これは1923~24年の録音です。あのルイ・アームストロングも第2コルネット奏者として参加してますが、アームストロングは、キング・オリヴァーに師事していたらしいです。これはニューオリンズ・ジャズに入ると思うんですが、やっぱり2ビートで、陽気です。バンドにバンジョーも入ってるところが、まだ他の音楽と分化しきっていなかった名残を感じます。そういえば、このバンドのバンド名が「クレオール・ジャズ・バンド」ですが、これもその辺と関係あるのかな?植民地生まれのジャズバンドという意味なのか、色々と混合したジャズのバンドという意味なのか…。

 他の音楽と分化しきっていないと言えば、ブルーグラスとかニューオリンズ・ジャズとかディキシーランドって、役割分担も曖昧なままみんな一斉にアドリブ・ソロを取るじゃないですか。あれって、アメリカ的だと思いませんか?大雑把で、ご陽気で、「こんなんで大丈夫だろ」みたいな(^^;)。ここで聴ける音楽もそうです。でも、今では珍しいスタイルというだけで、決めるところは決めてるし、様式の差なんでしょうね。けっこう好きです(^^)。

 それにしても、陽気でいい音楽です。まるで南国の音楽みたい。同時代の同地域にあったブルースとは全然違う(^^)。若い頃は暗くてハードな音楽が大好きだったもので、こういう音楽は趣味と正反対で苦手だったんですが、齢をとってから聴くと、とっても気分が良くなってすごく好き。。



関連記事
スポンサーサイト

Comments

09 2018 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
2015年の年間ベストCDのトップに挙げた喜多直毅カルテットの新譜が出てました、気づかなかった。最近ラティーナを読んでなかったから、ラテン系の音楽の情報が途切れちゃってるんですよね。近所の本屋が潰れたのが大きいです。今はちょっと買えないけど、今年中には買いたいなあ。 intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS