心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『John Lennon / Imagine』

JohnLennon_Imagine.jpg ビートルズのメンバーだったジョン・レノンのソロ第2段アルバムです。71年発表。アルバムタイトルにもなっている「イマジン」は、いちどは誰でも聴いたことがある曲じゃないかと。中学生の時に友人と一緒に中古盤屋で買った1枚で、たぶん聴くのはその時以来だろうから、30年ぶりぐらい?!うわあ懐かしい、涙が出そうです。

 バンドはアメリカ南部のバンドじゃないかというぐらいに泥臭くって、お世辞にもうまいとは言えません。ジョン・レノンの歌にいたっては、ピッチは悪いし声はふらつくし、聴けたものじゃないです。ビートルズ初期のシャウトを決めまくってたジョンはもうここにはいない…。でも、訴えてくるものがあります。詞です。「Jealous Guy」なんて、昔は何とも思わなかったのに、ちょっとジンと来ちゃいました(・_・、)。
 ジョン・レノンって、小野ヨーコと付き合って、色々と変わったんでしょうね。ロックンロールバンドやって、ポップスの世界で大成功して何でも買える大富豪のポップスターになって、何が大事かもわからなくなっちゃって、そして小野ヨーコの詩集を読んで大感銘を受けてしまったという。ちゃんと読んだ事はないんですが、昔、テレビでビートルズのドキュメンタリー番組を見ていて、オノヨーコの書いた「グレープフルーツ」っていう、ジョンが感銘を受けてしまった詩集の一部が紹介されたんです。その一節をちょっときいただけで、僕も感動してしまいました。ビートルズが作ってきたものより、オノヨーコの詩の方が全然すごいじゃないかと思うほどの衝撃でした。オノヨーコは、ビートルズ解散のきっかけなんて言われてますが、僕としては何が正義かもわからなくなっちゃってるポップスターが、こういう素晴らしい言葉に出会えて感動できたのは、本当に幸せな事だったんじゃないかと思います。そして、ただ音楽が好きでやっていたビートルズの頃と違い、自分の言葉で世界を捉えはじめたのが、ジョン・レノンの1枚目と2枚目のアルバムなんじゃないかと思います。
 「イマジン」の詩って、オノヨーコの詩とほとんど同じ構造ですよね。それぐらい、影響を受けたんだと思います。曲は良い悪いではなく好き嫌いの問題という事もあるので何とも言えませんが、単純に曲や演奏やヴォーカルのクオリティだけでいうと、決してほめられたアルバムじゃないと思います。でも、この私的な詩の世界は、持ち上げて崇め奉るようなものじゃないとは思いますが、生きがってカッコつけてロックンロールやって、金持ちになって鼻持ちならない奴になっていた不良少年が、やっと飾らないで自分の言葉で話す事が出来るようになった誠実さ、みたいなものを感じました。

 と、ここまで褒めておいてなんですが、歌唱と演奏はやっぱりちょっとね…(^^;)。


関連記事
スポンサーサイト

Comments

06 2018 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
2015年の年間ベストCDのトップに挙げた喜多直毅カルテットの新譜が出てました、気づかなかった。最近ラティーナを読んでなかったから、ラテン系の音楽の情報が途切れちゃってるんですよね。近所の本屋が潰れたのが大きいです。今はちょっと買えないけど、今年中には買いたいなあ。 intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS