FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > クラシック   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『モーツァルト:交響曲第40番、第41番《ジュピター》 ホグウッド指揮、エンシェンㇳ室内管弦楽団』

mozart symphonies 40 41 hogwood モーツァルトの交響曲と言って僕が最初に思い浮かべるのは40番、これはみんなそうじゃないでしょうか。40番でピンと来なくても、「タララン、タララン、タララ~ラ~」のメロディをきけばみんな「あれか!」と分かるはず。そして時々思うのは、管弦楽って、モーツァルトの時ぐらいのオケの大きさの時が一番気持ちよく感じる時もあったりして。そうそう、モーツァルトが書いた交響曲の最後の3曲は39,40,41番でして、この三曲は「三大交響曲」なんて呼ばれてます。

 このCDに入っている40番は「第1版」と言われてるもので、改訂版はここに2本のクラリネットが追加されているそうです。40番はモーツァルト交響曲の中で数少ない短調で、仕事がなくなった晩年の作品であるからか、昔から批評家から「痛烈な悲哀」「不遇の晩年の心境のあらわれ」などいろいろ言われています…が、僕にはまったくそう聴こえず、むしろ優雅に感じる(^^;)。他の音楽と比較して「痛烈な悲哀」なんて感想が出るとは思えないので、モーツァルトだけ聴いてるとそう感じるのかな?

 なにより見事なほど混み入った構造に耳が行きました。これがものすごく良く出来た建造物で、聴き逃さないようについていけばいくほど、その見事さにため息が。たとえば40番第1楽章ですが、形式はソナタで、有名なあのメロディが第1主題、続く第2主題は弦に管がオブリをあてるのでそのまま行くのかと思いきや、途中で主従関係を入れ替えて対話構造に。そして展開部はよく聴くと第1主題のヴァリエーションが木管のオブリに使われ、それを受けてメインの弦がそれを模倣。つまり、第1主題の主題と、第2主題の構造が展開部に受け継がれて合流するんですね、そしてそのヴァリエーションから元の形になだれ込んだのが再現部。再現部は転調をくりかえしながらそれがストレッタの役割をして音楽のクライマックスを作り…それぞれのつながりになにかしらの有機性があって無関係という事がなく、すべてのパーツが強い意味を持っています。このまったく無駄のない構造、ため息出るほど見事です。第1楽章は7分程度で終わりますが、流れが速いので集中していないとこの構造は見落とす可能性があります。これだけアップテンポで追いかけるのに精いっぱいのめまぐるしい音楽に「悲哀」なんて感想は出ない(^^;)…それとも僕が構造についていけてないだけなのかなあ。
 そして今度は楽章間の関係、それぞれの様式の多彩さがこれまた見事です。2楽章もソナタですが6/8のアンダンテで1楽章と対照にされた緩徐楽章。第3楽章は1楽章と同じㇳ短調に戻りますがリズムは3/4で2楽章からの引き継ぎで形式が3部形式、4楽章は同じㇳ短調のままアレグロ・アッサイで急速に登りつめ…いや~この音楽で最初に構造美を指摘せず何を指摘するというのでしょう、どうやって曲を構造化するかという見事な教科書のような完璧な曲、素晴らしかったです!

 41番はモーツァルト最後のシンフォニー。この頃のモーツァルトは人気もなくなって仕事の依頼がなく、この曲は委嘱されず自分の意志で書いたのではないかと言われてます。そして、これが40番に優るとも劣らぬ見事な構造!古典派のソナタって、最終楽章にフーガ的な書法が用いられる事がありますが(パッと思いつくのは、書き換え前のベートーヴェン弦Qの最終楽章とか…あれは強烈だった!)、これもそういう曲で、ソナタの中の旋律の絡みがカノン状になっている所があります。最後の交響曲の最後の楽章で、モーツァルトは自分が持っているもっとも複雑な書法を使って、実に簡潔で分かりやすい音楽を作り上げました。いやあ、むずかしいものを分かりやすく提示するって、いちばん高度だと思うんですよね。これも見事。

 指揮のクリストファー・ホグウッドさん。イギリス出身で、古楽や古典派音楽の専門家です。現代オーケストラではなく古典時代のオーケストラを使って、モーツァルトやベートーヴェンの交響曲全集を出した画期的な人。このCDも古典時代の小さな編成のオーケストラですが、時々「オケは古典派の頃ぐらいの編成の方がそれぞれの音も聴きやすくていいよなあ」な~んて思う事があります。

 モーツァルトは18世紀の人なので、さすがにいま聴くと和声がシンプルだし、「つねに安定」なので緊張感は薄く、パッと聴きつまらないと感じてしまうかも。なにせ昔の僕がそうでしたし。ところが構造に耳を傾けると、三大交響曲まで来るとベートーヴェン並みの見事さ。「あんまり難しい事は分からないんだよなあ」という人は、このCDの日本盤が構造の解説がすごく丁寧で分かりやすいので、音楽の勉強をしたことがない人でも分かりやすくていいと思います。モーツァルト交響曲の最高峰、さすがに見事でした(^^)!


関連記事
スポンサーサイト

Comments

08 2018 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
2015年の年間ベストCDのトップに挙げた喜多直毅カルテットの新譜が出てました、気づかなかった。最近ラティーナを読んでなかったから、ラテン系の音楽の情報が途切れちゃってるんですよね。近所の本屋が潰れたのが大きいです。今はちょっと買えないけど、今年中には買いたいなあ。 intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS