FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: 本・映画・テレビ・ゲーム > ゲーム   Tags: ---

Response: Comment: 2  Trackback: 0  

『ゼビウス』 アーケードゲーム

xevious.jpg 70年代後半当時は不良のたまり場だったゲームセンター。僕はインベーダーより少し後のギャラクシアンとかパックマンのときにゲーセンデビューしました。その頃のゲーセンは、ビデオゲームとピンボール台とジュークボックスの3つがありましたが、これが徐々にビデオゲーム一色になっていったのでした。でも当時のビデオゲームのグラフィックはまだ発展途上で、キャラクターはべた塗り。パックマンなんて黄色1色だったしね(^^;)。しかし、そんなゲーセンにとんでもなく綺麗なCGで描かれたゲームが登場したのでした。それがゼビウスです!

 キャラクターに影が描きこまれ、テレビゲームの絵が平面画から立体画に進化しました。有機物だと絵の方がリアルだし迫力がありましたが、こういうメカニカルな絵だとCGの方がリアルだし独特の美麗さがあって、その立体感と美しさに感動しました。背景も丹念に描きこまれて、それまではたいがい黒一色だったビデオゲームが劇的に進化!ゼビウスは画面がスクロールしていくゲームでしたが、ゲームが面白いというよりも、美麗なコンピューターグラフィックスで描かれたその先が見たくて続けていました。最初は森ばかりですが、うまくなって先に進めるようになると、海があらわれ、砂漠があらわれ、ナスカの地上絵があらわれ、そしてそれまでのゲームではありえなかったような超巨大な敵要塞が!!僕にとってのゼビウスは、今までなかった美しすぎるCGを堪能するゲームでした。久々に遊んでみたら、ふたつ目の巨大要塞まで行けました!けっこう覚えてるもんですね(^^)。

関連記事
スポンサーサイト

Comments
何もなさそうな地面を攻撃すると 
タケノコみたいな隠れキャラが出て来たり、ラリーXに出てくる1UPフラグとか色んなキャラがありましたね。当時ゲームに特化したマイコン( ´艸`)でX-1ってのを友人が購入して、家でゼビウスが出来ると聴いてからはご機嫌とってやらせてもらった記憶があります。←モノに弱いダメなガキです・・・。

ところでnamcoのゲーム連荘ってのは、締めに「細野晴臣監修のあのCD」を紹介するという・・・Bach Bachさんの深謀な策略が隠れているんでしょーか?
(はずしてたらすみません)
Re: 何もなさそうな地面を攻撃すると 
地味JAM尊さん、書き込みありがとうございます!

竹の子みたいなやつって、「ソル」でしたっけ?僕はゲームをやる時に点数は重要視していなかったので、ソルの位置は覚えていませんでしたが、全部覚えている強者の友人はいました。でも、1UPのラリーXの羽田の位置は必死に覚えましたよ!ピンポイントじゃなくって、ある特定の横軸のどこかなんですよね。

今回のナムコ連チャンに、深謀遠慮は無いのです。ただ、久々にやったら懐かしくて楽しかったというだけでした(^^;)。。


10 2018 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
2015年の年間ベストCDのトップに挙げた喜多直毅カルテットの新譜が出てました、気づかなかった。最近ラティーナを読んでなかったから、ラテン系の音楽の情報が途切れちゃってるんですよね。近所の本屋が潰れたのが大きいです。今はちょっと買えないけど、今年中には買いたいなあ。 intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS