FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Grateful Dead / Aoxomoxoa』

The Grateful Dead Aoxomoxoa 久々にLPのサイケコーナーを漁ったら楽しすぎる(ゴソゴソ)…あ、グレイトフル・デッドとか出てきた!サイケデリック・ロックがものすごく好きなのに、なぜか代表格のグレイトフル・デッドはそこまで好きじゃなかったりして(^^;)。いや、好きですよ、でもドアーズやクイックシルヴァーほど好きじゃないという感じ。そんなグレイトフルデッドを、久々に聴いてみよう、そうしよう。

 グレイトフル・デッド、バンド名が「死への感謝」ですからね、このセンスがすでにサイケデリック(^^)。ただ、僕は音楽の上でのサイケの意味がよく分かっておりませんで、イメージだけでいえばなんかグニュ~ってしてる感じ?それが音楽的に色んな工夫や冒険に繋がってるものは好きなんですが、単に変わったエフェクターを使って「サイケだ」とかいうのはあんまり面白く感じないし、ドラッグやってルーズなジャムセッションをやってるだけというのも好みじゃないです。ディープで先鋭的なセンスみたいなのが好きなんですね、ドアーズやジミヘンのファーストとか、ピンクフロイドのセカンドとか、クイックシルヴァーの組曲みたいなサイケが好き(^^)。さて、グレイトフル・デッドなんですが、若いころにサイケ的なものを期待してはじめて聴いた時の印象は、「あら?こんなに明るくってカントリーっぽい音楽なの?」とちょっと戸惑ったのでした。しかもジャムセッションっぽいものも多いし。このアルバムも、ロックバンド編成ではあるし、ところどころに工夫があって(アッチェルしてフェードアウトとか)サイケっぽい所もあるんですが、ぐだぐだジャムってるカントリーロックのバンドという印象の方が強かったなあ。

 でももちろん好きなところもいっぱいあって…このアルバムは1969年発表ですが、この時代のロックって、ロックの歴史の中でいちばん飼い慣らされていないというか、産業音楽から一番遠くて、とってもクリエイティブ、やりたい事も自己主張もはっきりしてる、そこが好きです。無伴奏で妙なアナログディレイみたいのがかかったチベット仏教のマントラみたいな曲も入ってますが、今の時代に、メジャーのレコード会社がこういうレコードを出すかというと、日本でもアメリカでもヨーロッパでも絶対にないでしょうね。ドラッグミュージックといっても、ドイツみたいなバッドトリップじゃなくって妙に能天気なのも楽天主義なアメリカっぽくて面白いです。60年代後半から70年代入口のロックは自由で本当に面白い(^^)。ロックが産業に飼い慣らされていなかった唯一の時代の代表バンドのひとつだと思います。60年代ロック万歳!!


関連記事
スポンサーサイト

Comments

10 2018 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
2015年の年間ベストCDのトップに挙げた喜多直毅カルテットの新譜が出てました、気づかなかった。最近ラティーナを読んでなかったから、ラテン系の音楽の情報が途切れちゃってるんですよね。近所の本屋が潰れたのが大きいです。今はちょっと買えないけど、今年中には買いたいなあ。 intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS