心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ジャズ   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Miles Davis / Workin’』

Miles Davis Workin 1956年のマイルス・デイヴィスはCBSへの移籍も決まって契約金もいっぱいもらえる事になったし、契約の残っていたプレスティッジでのアルバムを一気に作っちゃおうと、2日間で4枚分のアルバムのレコーディングをしました。前のアルバム「Cookin’」もその1枚ですが、この「Workin’」もそう。ぜんぶテイク1だったそうで、録音はあっという間に終了(^^)。というわけで、メンバーは「Cookin’」とまったく同じ、Miles Davis (Tp), John Coltrane (Tsax), Red Garland (P), Paul Chambers (B), Philly Joe Jones (Dr) 。で、ですね、若いころの僕がこの4枚の中で最初に聴いたのが、いちばんの名作と言われたこの「Workin’」でした。しかしこれががつまらなかった(´・ω・`)。

 「Cookin’」に比べると、リードシート見てざっと合わせたセッションっぽさが目立ちます。1曲目「It Never Entered My Mind」も、朝のラジオ番組のオープニングみたいなシャンパンジャズなのでかったるい印象。2曲目「FOUR」はジャズの名ナンバーですが、別に面白いプログレッションをする曲でもないし、いかにもソロを回しただけみたいなセッションでつまらなかった。ちょっとクールな印象を受けるのは、単にバンドが曲を煮詰める前の合わせの段階でオーケー出しちゃっただけなんじゃないかな(^^;)。

 というわけで、僕的には「Cookin’」でのマイ・ファニー・バレンタインみたいな見事なソロの組み立てが聴けるわけでもないし、ただのセッションにしか聴こえないこのアルバムが、なんで4枚のマラソン・セッションの中で1番の名作と言われてるのか、いまだに理解できないのでした(*゚∀゚*)。

関連記事
スポンサーサイト

Comments

06 2018 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
2015年の年間ベストCDのトップに挙げた喜多直毅カルテットの新譜が出てました、気づかなかった。最近ラティーナを読んでなかったから、ラテン系の音楽の情報が途切れちゃってるんですよね。近所の本屋が潰れたのが大きいです。今はちょっと買えないけど、今年中には買いたいなあ。 intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS