FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > クラシック   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『ラッスス:作品集 ザ・ヒリヤード・アンサンブル』

Lassus_Motets et Chansons 古楽大流行の立役者ヒリヤード・アンサンブルによるラッスス作品集です。8割が無伴奏合唱ですが、合唱のうまさがハンパない、メッチャ美しい、これはヒットしてもまったく不思議ではないわ…と思いました(^^)。でも、民謡をプロのジャズシンガーが歌って民謡の良さが伝わるのかというのと同じ意味で、こういう音楽をプロっぽく歌っていいのかはさておいて…

 ルネサンス音楽も後期に入ると、フランドルでもヴェネチアでもイギリスでも対位法の完成度が見事、素晴らしすぎて言葉が出ないです。ラッススは後期フランドル楽派の代表的な作曲家ですが、このCDの対位法の見事さ、そしてコーラスの美しさなんて超絶的、ポリフォニーでこれ以上に美しい合唱音楽はなかなか出会えないかも。あ、ちなみにフランドルというのは、今でいうフランスとオランダとベルギーにまたがったあたりだそうです。あと、同じく後期フランドル楽派のジョスカン・デ・プレと比べると、かなり自由な作風に感じました。それはこのCDに世俗音楽もいっぱい入ってたからかな?

 そして、大量に曲を書いたラッススの作品って、大まかに宗教曲と世俗音楽に分かれますが、このCDには両方が入ってました。冒頭3曲がモテット(モテットについては次回の日記を読んでね^^)、残りが世俗音楽です。ラッソが書いた世俗音楽はマドリガーレ、シャンソン、リートに分かれますが、ここに入ってる7曲はすべてシャンソン。合唱がうまいから妙に崇高に聞こえてしまい、シャンソンとはいうものの宗教曲のように聴こえるものもありました。でも、このCDの日本盤についてる日本語訳を読む限り「私は真珠が好き、黄金も好き」とか「ブドウ畑を耕せ」とか「ルバン修道士は金を返さない」とか、歌詞はたしかに俗っぽい(^^;)。そんな事わざわざ歌にするほどの事でもないだろうというものでも歌にしてしまうのは、今も昔も変わらないですね。

 あ、あと、これは完全に個人的な趣味ですが、シャンソンのうち「ある日スザンナは」という曲だけ、無伴奏合唱版とリュート独奏版のふたつが入っていて、このリュート独奏に感動してしまいました。ルネッサンス絵画で、庶民が楽器を演奏しているものを書いた人物画ってあるじゃないですか。このリュートの響きを聴いていたら、あの絵がブワッと浮かんで、一気にルネサンス時代のヨーロッパにタイムワープしてしまいました。いやあ、ヒリヤード・アンサンブルとは関係ない所に胸をうたれてしまった。。
 
 そして、ヒリヤード・アンサンブルの合唱です。僕が若いころ、古楽ブームが起きました。グレゴリオ聖歌やルネサンス音楽はもとより、バッハモーツァルトも大リバイバル。理由のひとつは古楽器の発掘で、それまでは現代楽器で演奏していた古楽を、当時使われていた楽器で演奏したら全然違う音楽に聴こえちゃって、古風で素朴で美しかったのです。そんな中、シロス修道院で歌われたグレゴリオ聖歌の無伴奏合唱が大ブレイクして、以降の古楽合唱はおしなべてシロス修道院の歌唱法を真似するようになりました。ヒリアード・アンサンブルもそうで、拍節でマルカートして、ひと節ごとにディミネンドとクレッシェンドをつけて…みたいな。若いころはこれが心地よく感じたんです。でもいま聴くと…これって1970~80年代風に受けた歌い方であって、当時の歌い方じゃないんだろうな、みたいな。その商魂が鼻につかなくもない (*゚∀゚*)アハハ。ヒリヤード・アンサンブルの合唱って、そうやって聴きはじめると、シンセサイザーみたいというか、ECMっぽいというか、どうもね…。なんでこうした歌唱法が当時のものではないと分かるかというと、教会に残っているグレゴリオ聖歌に理由があるんですが…長くなるのでこの続きはグレゴリオ聖歌について書く時にでも、あらためて書きます(^^)。

 いずれにしても、世俗音楽ですら見事なポリフォニー。クラシックや古楽を聴かない人でも、美しいコーラスを体験できるルネサンス音楽のCDを1枚持ってると、楽しみが増えるんじゃないかと思います。


関連記事
スポンサーサイト

Comments

08 2018 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
2015年の年間ベストCDのトップに挙げた喜多直毅カルテットの新譜が出てました、気づかなかった。最近ラティーナを読んでなかったから、ラテン系の音楽の情報が途切れちゃってるんですよね。近所の本屋が潰れたのが大きいです。今はちょっと買えないけど、今年中には買いたいなあ。 intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS