FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > クラシック   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『ラッソ(ラッスス):音楽は神の捧げ物、シオンよ救い主をたたえよ、途方に暮れて ターナー指揮、プロ・カンティオーネ・アンティクヮ』

Lasso_Musica Dei Donum_ProCantioneAntiqua  このコーラス・グループの名前に入ってる小さい「ヮ」を入力するのにてこずりました(^.^;)。シークヮーサー以外でこれを使ったのは初めてかも。
 ルネサンス音楽にはブルゴーニュ楽派とフランドル楽派という重要な楽派がふたつありまして、これを押さえておくと、世俗曲も宗教曲も半分以上は分かった気になれます(^^)。これにイタリアのパレストリーナを加えたらさらに充実。ラッソは16世紀の人で、後期フランドル楽派の重要作曲家です。「ラッソ」って誰かと思ったら、「ラッスス」の事なんですね。ラッススがラテン語で、ラッソがイタリア語らしいです。このCDは、ラッススの書いたモテトゥスとミサを収録したものです。

 ミサ曲は、カトリックの教会ミサに使う曲です。儀礼に従って使われる詞が決まっていて、キリエ、グローリア、クレド、サンクトゥス、アニュスデイの5曲からなります。いつか取りあげたフォーレのレクイエムにも、キリエとかアニュス・デイとか入ってましたが、ミサ曲とレクイエムの差は、レクイエムはミサ曲の一種ではあるけど、死者のためのミサで使われるもの。そうそう、古典期以降になると、演奏会用のミサ曲というのも書かれるようになったそうです。このCDに入っている曲では、僕はミサ曲が一番好き。ルネサンス期に作曲されたミサ曲では、僕はこのほかにデュファイやオケゲムやジョスカン・デ・プレが書いたものを聴いた事がありますが、ルネサンス期のミサ曲は無伴奏合唱で、どれも心が洗われるようでスバラシイです(o^ー^o)。

 さらに新たな発見が。ルネサンス音楽で、ポリフォニーの無伴奏合唱の宗教曲をモテットというんですが、モテトゥスMotettesというのはモテットの複数形かと思ってたんです。でも、アルス・アンティクヮやアルス・ノヴァの時代の世俗ポリフォニーを「モテトゥス」それ以降の時代の教会ポリフォニーを「モテット」と使い分けるんだそうで。いや~知らなかった。ただ、このCDに入ってるモテトゥス2曲は、残念なところがふたつ。ひとつは、カウンターテノールのうちのひとりがピッチ音痴で、曲によっては聴くのがつらい(*ノ∀`)アチャー。もうひとつは、このグループ全体の歌い方がクレッシェンドしたりディミネンドしたりとえらくエスプレッシーヴォで、コーラスが美しくない事。昔、「西洋音楽の歴史」という本の中で大好きな作曲家の柴田南雄さんが、「グレゴリアン・チャントの歌い方は、えらく現代的で情感たっぷりなものが出回ったが、あれは衰退したグレゴリオ聖歌を盛り上げようとロマン派に似せてやったもので、当時のグレゴリオ聖歌とは恐らく違う」と書いてました。このCDの歌唱がまさにそれで、しかもうまくいってない(^^;)。
 とはいえ、しばらく聴いていたら慣れました。慣れるまではちょっとつらいかも知れませんが、慣れてしまえばルネサンス期の宗教音楽の清廉さを味わう事の出来る、なかなかなCDだと思います。なんといっても、ラッススだけで1枚というのがありがたい。


関連記事
スポンサーサイト

Comments

10 2018 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
2015年の年間ベストCDのトップに挙げた喜多直毅カルテットの新譜が出てました、気づかなかった。最近ラティーナを読んでなかったから、ラテン系の音楽の情報が途切れちゃってるんですよね。近所の本屋が潰れたのが大きいです。今はちょっと買えないけど、今年中には買いたいなあ。 intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS