FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ジャズ   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『佐藤允彦トリオ / パラジウム』

Masahiko Sato Palladium ジャズピアノを少しだけ演奏していた頃、いちばん影響を受けたのはバド・パウエルでもビル・エヴァンスでもハービー・ハンコックでもなく、佐藤允彦さんと菊地雅章さんでした。これでもかというほどジャズですが、アメリカ音楽の物真似に終わらない独特のニュアンスが入り込んでる感じ。このレコードの允彦さんでいうと、ジャズ8/現代音楽寄りのクラシック1/邦楽1のブレンドみたいで、この少し入ってる現音と邦楽のブレンディングがめっちゃきいてる(^^)。そうそう、パラジウムは69年発表の佐藤さんの初リーダー作で、メンバーは佐藤允彦(p)、鈴木宏昌(b)、富樫雅彦(d)。たしか、なにか賞を取っていたはずです。

 30秒ほどで終わる冒頭の曲は、明らかに当時の現代音楽の前衛なサウンド、無調です。そこからなだれ込む2曲目はジャズ和声の最前線で、テンションやオルタレーションと前衛系現音の無調が結びつけられた感じ…この時点で僕は最高にしびれてノックアウトでございますm(_ _)mアリガトウゴザイマシタ。以降、2曲目が徐々に調とリズムをはっきりさせていって、ようやくあらわれたのはビートルズの「ミッシェル」…こういう事をやるのって最高にダサいと思ってる僕は、別の意味でノックアウトです(- -*)アリガトウゴザイマシタ。。しかしこの演奏、メッチャうまいな…。以降はマッコイ・タイナーとハービー・ハンコックの間ぐらいの、モードあり何ありと、ジャズが一番カッコいい事をやっていた時代のジャズの連発。メッチャクチャかっこいい!!90年代以降のチマチマとこぎれいな事やって「インとアウトが…」とか言ってるわりに全部歌謡形式のオタクポップスなジャズとはモノが違います。日本のピアノトリオの録音で間違いなく上位に食い込む超名盤だと思います!

関連記事
スポンサーサイト




Comments

03 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS