『THE GIL EVANS ORCHESTRA / OUT OF THE COOL』

GilEvans_OutofCool.jpg ジャズの中で、最も興味がなかったのが、ビッグバンド。僕はモダンジャズからジャズに入ったという事もあり、やっぱりソロイストの壮絶なプレイとか、アーティスティックな音楽性とか、ジャズのそういう所に魅かれていたのです。しかし、ビッグバンドというと、トゥッティで「ババッバッババ~」みたいな感じで、えらくご陽気なエンターテイメントという感じで好きでなかったのです。同じジャズでも、モダンジャズの持っている美観とは全然違う音楽、そう思っていました。で、この感想はあながち外れでもない。
 ではモダンジャズの個人技的なアドリブプレイが最高かというと、そちらに走れば走るほど、音楽のうちの曲という素晴らしさというものが消えて行ってしまう。派手で華麗なプレイを追っていくと、どんどんフリージャズ方面に行ってしまうのですが、そうなるとフォルムが消えてしまう。で、フォルムを追うと、今度はクラシック系の現代音楽をあさる事になって、そちらはフォルムの制約が厳しすぎて、演奏の迫力が奪われてしまうものが多い。で、フリージャズと現代音楽を交互に聴く、みたいになってしまったのですが、もちろん望むべくは、その両方が共存した音楽です。で、出会ったのが、このCD。見事にアレンジされた全体構造の中で、ソロイストもドラムも縦横無尽に暴れまわります。サウンドもご陽気なジャズ・ビッグバンドのイメージとは全然違い、テンション入りまくり、モードもありまくりで、モダンジャズの先鋭的なサウンドの最前線という感じ。カッコよすぎます!!よく考えてみたら、ギル・エヴァンス自体がモダンジャズの理論的中心のひとりだったのですから、彼のサウンドがモダンであるのは当たり前ですね。。僕が抱いていたビッグバンドのイメージが、根底から覆される衝撃的な作品でした。

 1曲目「ラ・ネバダ」の疾走感がハンパではありません。もう、スモールコンボと見紛うばかりで、ビッグバンドのドッカンドッカンくる感じではなくて、タイトでスパンスパンくる疾走感。で、ソロをスケールや和声で縛りすぎずに泳がせるから、各ソロイストの疾走感がハンパでない。こうなると大概は構造が失われていくもんなんですが、ここでモダン・ビッグバンドの本領発揮!音楽をグイグイ作りあげていきます。この曲を聴くと、爽快感と、モダンなサウンドの格好良さと、ほんの少しのアーティスティックな探求と、こういうものに魅せられて、いつも感激してしまいます。2曲目「フラミンゴ」も見事。スロー曲なんですが、これも実に素晴らしい構造、素晴らしいサウンド!そして脅威的なのは5曲目「SUNKEN TREASURE」。…よくぞこんな和声を、こんなアレンジを作り出したものです。芸術的な感動を覚えてしまい、背筋がゾワッと来てしまった事を覚えています。

 ビッグバンドの中にも、モダン・ビッグバンドという区分けがある事を、この作品を通して初めて知りました。で、大名盤扱いのこのCDですが、ジャズ好きの友人の中でも、意外と聞いている人が少なかったです。理由は、僕と同じなんじゃないでしょうか。しかし、これほどの音楽を、聞き逃してはあまりに勿体ない。商業音楽一辺倒に傾いていく中で、音楽家が芸術的探究を続けた先に辿り着いた、本当に見事な音楽と思います。。



関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです(ノ^-^)ノ
音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。
プロでも評論家でもありませんので、たいした事は書けないかも知れませんが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
最近気になってるCDとか本とか映画とか
 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!! レコ芸に載っていた近藤譲さんの新譜、室内楽作品集みたい。好きな作曲家なんで聴きたいんですが、持っている2枚のALM盤と4曲かぶってるので悩み中…
これまでの訪問者数
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アド