FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 2  Trackback: 0  

『Carole King / Music』

Carole King music 大ヒットした「つづれおり」と同じ71年にキャロル・キングが発表したサード・アルバムです。「つづれおり」を意識したのか、ジャケットがそっくり。ちょっと違うのは、「つづれおり」には猫が写ってましたが、こっちは内ジャケに犬(^^;)…でもこの犬がかわいい。。

 1曲目「Brother, Brother」ですが、詞、曲想、トレモロの効いたエレピ、「NaNaNa」「Woo」というメリスマっぽい歌のダビング…マーヴィン・ゲイの「What’s Going On」とそっくり(^^;)。調べてみたら、どっちも71年発表、「What’s Going On」が5月発表で「Music」が12月発表。…たぶん大ヒットしていた曲のアレンジを参考にしたんだな( ̄ー ̄)。これと同じような事が随所にあって、A面最後の「夢見る世界」のブラスアレンジはカーペンターズ調。アルバム最後の曲は…これはだれが聴いてもビートルズの「ゲットバック」 (^^;)。たぶん、アレンジを自分でやってないので、作曲後にアレンジャーに丸投げして、アレンジャーはレコード会社からの指示で売れてる曲の何かに似せてこうなった…みたいな感じなんじゃないかと。曲じゃなくて、サウンドやリズムや編成をパクるんですね。というわけで、こういう70年代初頭の洋楽のポップスのアレンジの特徴が随所に出てます。
 良いと思ったのは曲で、これは60年代末から70年代初頭のアメリカのポップスの良さを引き継いでいると感じました。特にいいと思ったのが「Surly」「Carry Your Load」「Music」の3曲。メロディは綺麗だし、和声進行はクリエイティブだし、単純にツーハーフにしておしまいにせず、これはいいなあ、と。ただ、作曲以降のアレンジや録音の進め方が雑で、アレンジというほどのアレンジが施された曲は少なく、メロコード譜だけ作ったら、あとはスタジオに入ってヘッドアレンジでババッと録音して終わりみたいな曲でほとんど(^^;)。う~ん、せっかく曲がいいんだから、アレンジも頑張って欲しかったです。このへんの雑さがプロじゃないんですよね。こういうところがサイモン&ガーファンクルやカーペンターズ、ポール・マッカートニーロバータ・フラックあたりの同世代のポップスのクリエイターに届かないところ。

 そうそう、僕はこのアルバムを日本盤LPで持ってるんですが、それは見開きジャケットで、見開いた内側の写真がすごくいい!グランドピアノの前にキャロル・キングが座っていて、その足元にシベリアン・ハスキーが座って彼女を見上げてます。そしてこのジャケットが光沢仕上げではなくマット紙を使って、かつエンボス調でボコボコ。う~んこれはジャケットが素晴らしい。というわけで、もしこのアルバムを買うなら、出来れば廉価盤でない当時のLPでの入手をお薦めします!

関連記事
スポンサーサイト




Comments
真偽のほど不明 
この「Music」はTapestryの次作なのに、あまりにも有名でないのと、
表題曲のMusicが面白い曲だったので、僕のブログでも紹介してみました。
(20160518、>Song2)
原曲のアレンジを載せているので、まだであればご覧下さい。
セッションでも1度演奏したのですが、やはりこういう曲は、
原曲を知っている人と一緒に演奏しないと今一乗りませんね。

このジャケットの Carole King は妊娠中で、それを目立たせないためにこのアングルでのジャケ写にしたという話がありますが、ご存知でしたか?(真偽のほど不明です。)

Re: 真偽のほど不明 
AKISSHさん、書き込みありがとうございます!

なるほど、妊娠していて、おなかを隠しているのですね。たしかに、ジャケ裏の写真もおなかを隠していました^^。
そして、やっぱり面白いと思う曲は同じなんですね。記事にも書きましたが、僕もこのアルバムで面白いと思ったのは、「MUSIC」と他2曲でした。それとも、僕やAKISSHさんがジャズも好きな人だからそう思うのかな?

AKISSHさんのアレンジ、僕の下手なギターで弾いてみました。Aメロ最後のトニックに戻す前のG7-9がジャズ/フュージョン好きって感じで、カッコよかったです!何も書いてなくても、ジャズやってたら、ここのドミナントは絶対いじりますよね(^^)。

あとこの曲、Bメロのプログレッションが素晴らしいと僕は思ってるんですが、AKISSHさんの入り口のバスラインの処理と、折り返しでのダウンラインのパッシング・ディミニッシュ、すてきでした!

07 2020 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS