FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > クラシック   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『マーラー:大地の歌 ブーレーズ指揮、ウィーン・フィル』

Mahler_DaichinoUta_Boulez_WienerPhil.jpg 久々に登場、マーラーです!前回にマーラーの記事を書いたのは…3年前か、やっぱり労働者階級の一般人の生活では、マーラーの巨大な音楽を聴くひまがないんだな(-ω-。)。

 マーラーの音楽を簡単にいうと、機能和声法という音楽の描き方を使って、映画や小説のように色んなシーンをたどってエンディングに行きつくというもの。マーラーは交響曲と歌曲の大家で、歌曲も管弦による伴奏のものが多いので、結局ほとんどの曲が大規模。一方の交響曲もどこかに歌が入っている事が多くて、この曲もそうです。この、色んなシーンをめぐりめぐるというのと、詩が入っているという所で、音楽だけでない文学性というか劇性というか、音そのものだけで音を構成するわけではないドラマ構築みたいなものを感じます。この曲、マーラー自身は「交響曲 大地の歌」とタイトルをつけてますが、なんせ声がメインなもので、交響曲じゃなくって管弦伴奏の歌曲とされることもあります。

 僕は、マーラーの音楽の良さがいまいち分からない人なんですが、マーラーを聴いて良いと感じるときのパターンがありまして…それは曲の最後。いろんなドラマを通過して、最後にとても美しい所にたどり着いたりするんです。交響曲3番もそうですが、この大地の歌もそうです。この曲の最終楽章には「告別」というタイトルが付けられていて、この第6楽章の最後がとんでもなく美しいです。最初は重々しいハ短調のハーモニック・マイナーから始まって、色々なシーンを渡り、最後に行きつくのがハ長調への同主調、マイナーからメジャーに抜ける快感がたまらない、しかもとんでもなく美しい。この楽章も歌がついてるんですが、元ネタは中国の詩。重々しく始まった最終楽章は、最後に「いとしきこの大地に春がきて一面に花開き、新緑が生える。遠き果てまで永久に青い光。永久に、永久に…」。この楽章、タイトルが「告別」ですが、つまり一面に永久に続いてる光や花って…死の事ですよね、きっと。マーラーの音楽って、長時間かけて最後は永遠に続くような静かで美しいところに到達しますが、それって死の事じゃないかと僕は思っています。そしてその死が、恐怖とか終わりというんじゃなくって、浄化とか救いとか、そういうイメージ。マーラーはずっとその事を音楽で表現し続けたんじゃないかと。

 というわけで、僕にとっての「大地の歌」は、最終楽章の最後の3分を聴くための音楽なのでした。逆にいうと、最終楽章のラスト3分の美しさを感じるために、その前の57分がある音楽。でも、57分を耐えるのは僕にはしんどいので、いつも最終楽章だけ聴いてしまいます。それだって30分ぐらいあるんですけどね(^^;)。。


関連記事
スポンサーサイト




Comments

03 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS