FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > クラシック   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『サン=サーンス:交響曲第3番《オルガン付き》、組曲《動物の謝肉祭》 デュトワ指揮』

SaintSanes_Symphony3_Dutoit.jpg サン=サーンスを聴きなおしていたのは、最近こんなCDを買ったからでした(^^)。これはいい意味で予想を裏切られました。交響曲3番のあまりの音の良さに感動してしまった。サン=サーンスの音楽にここまで感動したのは初めての体験、僕の中ではロマン主義保守派のひとりという程度の認識だったのがまったく変わってしまうほどの衝撃、素晴らしかった!

 若い頃、いいアンプとスピーカーを買いました。何食昼飯を抜いたことか(^^;)。オーディオに凝ったこともあって、いい音になるように色んな工夫をしました。電源ケーブルに何万円とか、そういうオカルト的なことはしてないんですが、スピーカーの角度調整とか、トランスをいいのに取り替えるとか、音の反射を考えてカーテンをつるすとか、そういうのはけっこうがんばったんです。そんなもんで、誰かが遊びに来ると、「いいオーディオってこんなにいい音するんだ、驚いた」みたいな事を言われる時があります。オーディオの真価が発揮されるのはやっぱりアコースティック楽器を使った音楽のときで、オーケストラ作品なんて、音楽以前に音に圧倒されて「生きてて良かった」なんて思う時すらあります。いいオーディオといい演奏&録音のコンビは、人生の幸福度に直結するほどの強烈な至福体験なので、ほんとに人に薦めたい趣味です。アンプとスピーカーはいいもの買えば一生モノなので(^^)。「いいヘッドホン」なんていう人が居ますが、ヘッドホンはどこまで行ってもいいアンプ&スピーカーの音には届きません。

 そしてこのCDです。サン=サーンスの交響曲3番はかなり特徴ある音楽で、交響曲なのに教会オルガン入り、2楽章形式(とはいえ実質4楽章ですが)、循環形式の使用というわけで、ど直球のロマン派音楽には違いないんですが、すごく新鮮です。第1楽章の最初に和弦がひっそりとクレッシェンドしながら鳴るんですが、ここがデュトワ&モントリオール交響楽団の演奏と、このCDの録音がメチャクチャよくって鳥肌もの!この音の凄さを言葉で伝えられないのがもどかしいです。さらにこの曲、いきなりバーンと来るんじゃなくて、少し悲壮感ある主題がひっそりと鳴って徐々に上がって行くんですが、この徐々に迫ってくる弦の音がまた強烈。さらにポコ・アダージョとなる第1楽章後半のオルガン大フューチャー部分のオルガンの音が美しすぎてやばい。あまりの音の素晴らしさに圧倒されてしまって、本当に涙が出てきてしまいました

 音楽もそうですが、それ以上に音の良さにやられた1枚でした。このCD、昔から「音がいい」と言われてたんですが、去年(2017年)安くなって再発されたので、狙っていて買ったんですが、録音自体は1982年。いやあ、オーケストラがこんなにいい音で響くCDを聴いたのは初めてかも。サン=サーンスもロマン派もそんなに好きでない僕ですら感動してしまった1枚、これは大推薦です!!

 あ、そうそう、ちなみにこのCD、「交響曲第3番」がモントリオール交響楽団演奏で、オルガニストはピーター・ハーフォード。「動物の謝肉祭」はロンドン・シンフォニエッタで2台ピアノはパスカル・ロジェとクリスティーナ・オルティス。録音やマスタリングを含めたオーディオ面での素晴らしさも勿論ですが、素晴らしい演奏あってのものであることは勿論でございます(^^)。。音楽っていうのは、歳相応のものを聴くべく挑戦した方がいいですね。うちにあるCDやLPの整理ばかりして知ってるものばかり聴いてるようではダメだと思いました。知らないところに踏み込んで素晴らしいものに出会った瞬間の感動って、けた違いでした(^^)。

関連記事
スポンサーサイト




Comments

07 2020 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS