心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ジャズ   Tags: ---

Response: --  

『MODERN JAZZ QUARTET / PORGY & BESS』

MJQ_PorgyandBess.jpg 「ポギーとベス」は言わずと知れたガーシュウィンの舞台音楽。中でも「サマータイム」は名曲として、今ではジャズ・スタンダードになっています。で、MJQは、このサマータイムのテーマに実に独創的なアレンジを加えます。リアレンジって、元曲を壊すだけだと何で元曲をとりあげる必要があったのか分からなくなってしまうし、では元曲に忠実だと全然アレンジになってないじゃないか、というわけで、アレンジものを聴く楽しさがなくなってしまうと思うんです。また、アレンジした方が元曲よりつまらなくなってしまうと、何でアレンジしたのかの意味すら分からなくなってしまう。というわけで、アレンジ物って、想像以上に、作る方のセンスが相当に問われると思うのです。それは、音楽の中だけのアンテナしか持ってない人には出来ない作業だと思うんですよね。ヴィブラフォンとピアノとコントラバスとドラムというカルテット編成に合わせたのMJQの「ポギートベス」のアレンジは、センスの良さの塊というか、聴いていて「ああ、いい…」と、音楽の悦楽に浸ってしまいました(^^)。

 「サマータイム」は、テーマ部分で、ペダルノートならぬペダルフレーズを使うのですが、これがノートだけなくリズム面でもテーマとポリリズミックな関係になって、実に良い!中古レコード屋でこれがかかっていて、即買いしてしまった。。それぐらい、グッと来たのです。で、2曲目は明るいけど落ち着いた、まるで春のような曲なのですが、これが途中からアッチェルしてドラムのビートがそこだけ強調されて、実に良い感じです。こういう阿吽の呼吸の演奏は、長年連れ添っているアンサンブルならではの妙技です。

 という具合で、何とも独創的で、しかし元の音楽の良さを壊してしまわず、これこそアレンジの妙というジャズ・アンサンブル版の「ポギーとベス」なのでした。これは素晴らしい音楽です。




関連記事
スポンサーサイト

11 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
スゴイのが出る!King Crimsonの1970-1972年の間のスタジオとライブ音源!21CD+4BD+2DVD!リハーサルテイクとか、メッチャ聴いてみたい!2万円か、また貯金しないと。。 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS