FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ジャズ   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Thelonious Monk / Thelonious Himself』

Thelonious monk Thelonious Himself セロニアス・モンクジョン・コルトレーンと共演していた1957年に録音された、モンクのピアノ独奏のアルバムです。そうそう、アルバム最後の「モンクス・ムード」だけ、コルトレーン(ts) とウィルバー・ウェア(b) が参加してます。

 ジャズの世界では名盤扱いの1枚ですが、モンクなので、色々とたどたどしいです(^^;)。でも、それが味になってるところがモンクのいいところ。「えっと、次はどうだったかな」と考えてるようにしか聴こえないところが1曲のうちで何度も出てきます。間違えて弾きなおしている所もあり。でもそれは気のせい、わざとやってるのです(゚∀゚*)エヘヘ。…いや~、半分は冗談ですが、半分は本当にそうで、これを個性と捉えられる所がジャズの懐の深さだと思うんですよね。これ、流暢に弾かれたら、ひっかかる所の少ない、つまらない音楽に聴こえたと思うんです。とまったり、グチャッと弾いたり、いつもの下降ラインをこれでもかと挟んできたり、きわどい不協和音を混ぜたり(これは確実にわざとやっていて、めっちゃ効果的!)、実にモンクです。

 こういう演奏を「下手くそ」「練習してるようにしか聴こえない」な~んて言う人は、ジャズの良さを分かるには子供すぎ、硬すぎ、清濁併せのむ器量が足りないってもんです。細かいことはいいんだよ、傷のひとつやふたつを気にしてるようでは生きにくくって仕方ないだろ、四角四面でいないで、いいと思ったら寄り道してもぶっ壊しても、多少世間と違う事やっててもいいんだよ、人間としての柔らかさを学ぶのがジャズというもの…みたいな事を、僕はこのアルバムから学んだのでした。…本当かなあ(^^;)。。

関連記事
スポンサーサイト




Comments

03 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS