『黒夢 / DRUG TREATMENT』

Kuroyume_DrugTreatment.jpg 90年代半ば、「ビジュアル系」とう言葉がありました。日本のメタル系のバンドの流れで、髪を染めてメイクして、客層は女子の中高生で…みたいな感じ。LUNA SEA とか黒夢は、名の知れた存在だったと思います。その頃の私は、年齢的にもそういうものはとっくに通過してしまっている頃。いわんや女相手のビジュアル系なんて、ルックス先行の色物で、プレイも曲も稚拙すぎで子供だましだよな…と思ってました。まあ、これはあながち的外れとは思いませんが。

 そんなときに、仕事の関係で、新宿の某ライブハウス(と言ってもキャパがでかい!)で行われていたビジュアル系バンドのイベントに行くことになりました。…いやいや、これは馬鹿に出来ないと思いました。名前も知らないようなバンドばかりだというのに、どれだけリハーサルを積んできたかが分かります。いろいろとダメな所はあるんですよ。僕ですら名前を知っているようなバンドですら、メジャーコードとマイナーコードの違いすら分かってなかったり、技術的にも致命的な問題点があったり。しかし、そういう些末事は置いておいて、口先だけでなく、本気でぶつかってきているのが分かるのです。決めの多い曲でも、全員バッチリ合わせてくる。この何とか伝えようとする情熱がアツい。客層は女子高生が殆どでしたが、彼女たちが狂うのも分かる気がしました。こういう熱気の塊みたいなものを生でぶつけられたら魅せられて当然と思いました。

 その時に、僕が認識を改めた点がもうひとつあります。音楽面を除いても、ビジュアル系は「軟派」「軟弱」というイメージでした。ところが、いやいやどうして、これはリアルなアンダーグラウンド文化だと思いました。ほら、人間って社会的動物という側面があるじゃないですか。社会である以上、そこにはルールもモラルもある。ところが、それは理屈の上では分かっていても、本能的な欲求とか感情という部分がそれに折り合いがつかなかったりすることもある。あるいは社会というものが持っている制度的な部分もある。この制度というものに対してどうにも息苦しくてたまらなくなってしまう時がある。ここに折り合いをつけていくのが大人になる道だと思うのですが、その折り合いのつけ方のカッコ悪い大人を見ていると、唾棄したくなる。う~ん、えらく決めつけた物言いではありますが(笑)、カウンターカルチャーの原理というのは、こういうものだと思うんですよ。こういう局面で重要な役割を果たす道具として、音楽というものは昔から使われてきたんじゃないかと思います。で、ビジュアル系という音楽は、見事にその役割を果たしている。AKBやジャニーズを追っかける若者より、夜の街をふらついて、大音量のライブハウスに行って…という若い子の方が、飼いならされていない分、センスとしては健常だと思いませんか?まあ、これは受け止め方の問題だと思いますが。。
 結局、僕が何となく耳にしていた「ビジュアル系」は、メジャーレコード会社とかの検閲を通過して、また本人たちもいつの間にか牙を抜かれて、形だけが残ったものだったんじゃないかと。実際には、バンドマンは女を狂わせ貢がせ、オーバーグラウンドでは咎められてしまう部分を吐き出して…。ここに強い存在意義があったんじゃないかと思うのです。で、黒夢というのは、この大事な部分をメジャーデビュー後も保ったレアなケースだたんじゃないかと。

 このアルバムに、「DRIVE」という曲が入ってます。「君を犯したい」「マゾの見分け方」みたいな詞が出てきます。いや、これを批判する人の気持ちは分かるし、それは正常というものだと思うのですが、しかしこのバンドのファンの多くが若い女性だったという事も事実です。で、黒夢ですが、以前はどうなのか知りませんが、この段階ではヴォーカルとベースだけで、あとはスタジオミュージシャンにサポートしてもらってます。エンジニアもまさにプロで、サウンドメイクが実に見事。これは、アマチュアには無理でしょう。こうしたプロダクションも素晴らしかったのかもしれません。ビジュアル系の大事な部分を本人たちが守り、ビジュアル系に足りなかった部分をプロが作る。「DRIVE」に限らず、アルバム全体の曲もサウンドも、それ以上にコアな部分にあるこの音楽の意味というものが実にしっかりしている。これこそが、カウンターカルチャーとしてのロックというものではないかと思うのです。この役回りは、クラシックやジャズでは演じることは出来ない。

 ビジュアル系というだけで敬遠している人は少なくないと思います。まして、20代を過ぎてしまえば、今からこれを聴く人などありえないかもしれません。しかし、ここにあるものは本当に素晴らしい。ぜひ一度は耳にしてほしいと思う「ロック」そのもの。ロックという言葉すら邪魔かもしれない。



関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです(ノ^-^)ノ
音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。
プロでも評論家でもありませんので、たいした事は書けないかも知れませんが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
最近気になってるCDとか本とか映画とか
 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!! レコ芸に載っていた近藤譲さんの新譜、室内楽作品集みたい。好きな作曲家なんで聴きたいんですが、持っている2枚のALM盤と4曲かぶってるので悩み中…
これまでの訪問者数
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アド