FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > クラシック   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『チャイコフスキー:交響曲第6番《悲愴》 ジュリーニ指揮、ロスアンジェルスフィル』

Tchaikovsky Symphony6_Giulini チャイコフスキー交響曲の最高傑作!それだけでなく、ハイドンからずっと連なる機能和声やソナタ形式といった古典派/ロマン派の伝統的な交響曲の中で、僕はこの交響曲が一番好きかも。1981年録音という事は、ジュリーニがロスフィルの常任指揮者だった時の演奏ですね。僕、アメリカのオケってきっぱりさっぱりしてて、けっこう好きなオケが多いんです(^^)。

 クラシックだとベートーヴェンのピアノソナタ8番も「悲愴」と呼ばれていまして、チャイコフスキーの交響曲とどちらも有名。チャイコフスキーの悲愴シンフォニーの方は、僕的には特に第1楽章の素晴らしさにやられてしまいます。第5番の1楽章に続いて序奏つきソナタなんですが、この構造が完璧すぎるほど完璧。同時代のドイツ後期ロマン派の多くのシンフォニーと違って、無駄がひとつもない所が見事、メロディのせつな美しい感じが見事、アーチ状に高揚していくドラマが見事です。重い序奏から第1主題になだれ込み、それが主題反復と対比をくりかえしながら高揚していき、そしてあの美しすぎる第2主題に入り、その第2主題だけでもABAの3部形式を形成していて…主題再現部で第2主題に帰ってきた瞬間の例えようもない切なさと美しさ…18分にも及ぶソナタ形式ながら、構造が見事すぎて無駄も飽きる事もまったくなく、心が震えてしまいます。奇跡のソナタです。

 1楽章と対になっているのが最終4楽章。第4楽章は暗いですが、ひとつのクライマックスを形成する適度な高揚があります。しかしこれがまた暗い所に帰ってきて、最期は消え入るように終わります。46分もかけた音楽が、なんという絶望的な終わり方(´;ω;`)。悲愴って、救いの2~3楽章がなかったら、ダウナーな時に聴いたら結構ヤバいことになる音楽かも。

 ジュリーニ&ロスフィルはこの曲をあまりエスプレッシーヴォにしすぎないようにまとめたように聴こえます。あまりやり過ぎると悲愴は暗すぎるという判断なのかな。重くエスプレッシーヴォにすりゃいいってもんでもないですし、この判断は全体のバランスとして正しかったような気がします。というわけで、僕はこの演奏も録音も大好きです。ひとつだけ弱点を挙げるとすると、第3楽章のクラです。第3楽章はスケルツォなので軽快に行ってほしい所ですが、テーマを引き継いだクラだけ遅くてオケが一瞬乱れちゃう。でもまあこれぐらいはね(^^)。僕は「悲愴」のCDを3枚持ってるんですが、あからさまなミスがないのはこのCDだけですし。
 素晴らしい悲愴の演奏と録音、これはなかなか見事と思います。80年代って、アメリカのオケのレベルがあからさまにあがりましたよね。ジュリーニって、ロスフィル時代が全盛期のひとつだと思っています!

関連記事
スポンサーサイト




Comments

05 2020 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS