FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > クラシック   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『ヴィヴァルディ:《和声と創意への試み》全曲 ヴェネツィア室内合奏団』

Vivaldi_WaseitoSouihenoKokoromi_VenetwiaSitunaiGasshoudan.jpg というわけで、僕は「四季」4曲じゃなくて、四季の入った全12曲「和声と創意への試み」作品8を新たにさがすことになったのでした。それまでに、古楽演奏の超王道なアンサンブルでの演奏をいくつか聴いていたので、だぶりがある曲を聴くなら、今のイタリアのアンサンブルによる演奏が聴いてみたいと思って、ちょっと新しめのアンサンブルに手を出しました。インテルプレーティ・ヴェネツィアーニ(ヴェネツィア室内合奏団)は、1987年結成の新しめのアンサンブル。ヴェネツィアの楽器職人が作った国宝級の名器を貸与されるなど、ヴェネツィア市や市の劇場や音大から熱く保護されているそうです。ヴィヴァルディと言えばイ・ムジチ合奏団の演奏ばかり聴いてきたので、アテネ神殿で録音された響きの豊かなところで、テンポよくサクサクした演奏で、ヴィヴァルディというとイ・ムジチ合奏団の優雅な演奏に慣れていた僕は、ちょっとびっくり。でも、聴けば聴くほど、なんかすごく良く思えてきた!へえ~なるほど、こういうのもいいですねえ(^^)。

 そして、もうひとつ発見が。「四季」って、「調和の幻想」とかに比べると緻密さよりも分かりやすさを求めてる感じがするし、ヴァイオリンのソロも随所に散りばめてある割には、そこまで超絶に聴こえないし、どういう経緯で作られたんだろうとなんとなく思ってました。僕の今までの浅はかな妄想では…ヴィヴァルディの若い頃の肖像画を見ると、ものすごいイケメンです。さらにイタリア人でヴァイオリンの名手なんだから、絶対モテたはず。そんなわけで、僕の中では「イタリアの色男」というイメージが膨らんでしまって、だからこういう「きゃ~素敵」みたいな一般にも分かりやすい曲を書いたんじゃないかと思ってたんです。しかし真相は…ヴィヴァルディって、元々は聖職者だったんだそうです。でも持病持ちのために音楽に専念する事にして、親のいない少女を収容した音楽院のヴァイオリン教師になったんだそうです。ヴィヴァルディの書いた400曲以上に及ぶ協奏曲のほとんどは、この少女たちによる教会音楽界のために書かれたんだそうです。うわあ、なんといい話なんだ。これからヴィヴァルディの協奏曲の聴こえ方が変わってきそうです。

関連記事
スポンサーサイト




Comments

05 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS