FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ジャズ   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Dizzy Gillespie, Sonny Stitt, Sonny Rollins / Sonny Side Up』

Dizzy Gillespie, Sonny Stitt, Sonny Rollins Sonny Side Up もうひとつ、ガレスピーと言って思い出すのがこのアルバムです。57年録音、そしてレーベルはヴァーヴというわけで、思いっきりハードバップなジャムセッション(^^;)。フロントのガレスピー、ソニー・スティット、そしてソニー・ロリンズという管楽器チームのアドリブプレイが聴きどころの8割じゃないかと。

 ハードバップのジャムセッションなので、音楽を追ってしまうと、コーラスを回しているだけなので多分面白くないです(^^;)。この音楽を楽しむには、ソロアドリブの巧みさを楽しむというジャズ的な楽しみ方が聞き手に求められますが…いや~全員カッコいい!昔、ロリンズのソロってよく分からなかったんですが、2曲目「The eternal triangle」で先にソロを取るロリンズのゴリゴリっプリがヤバい、メッチャかっこいい。それを受けるセカンドのスティットですが、これもいい!ソニー・スティットってポスト・チャーリー・パーカーみたいに言われますが、実際に聴くとミドルナンバーの演奏が多くて「これはパーカーにはぜんぜん届いてないわ」なんて思う事もしばしばですが、この演奏は良かった!
 そして、他のふたりがテナーサックスなもんで、音域が高くてエッジの鋭いガレスピーのトランペット・ソロが出てくると、「うおお~すげえ~」ってなってしまいました(^^)。目立つんですよね。このオープンの突貫力や切れ味はマイルス・デイヴィスよりも上。クリフォード・ブラウンにしてもブッカー・リトルにしても、名トランぺッターのソロっていつ聴いてもメッチャ気持ちいいです。。

 これは熱いジャズバトル、当時のナイトクラブでやってそうな音楽をそのままギュッと詰め込んだ感じ。これはよかったです!若いときに聴いた時はつまらないと思ったんだけどな…きっと、ソロに入れ込まずに音楽を聴いちゃったんだな(^^;)。

関連記事
スポンサーサイト




Comments

03 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS