FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Eric Clapton / There’s One in Every Crowd』

Eric Clapton There’s One in Every Crowd 『461 Ocean Boulevard』の翌年、大傑作ライブ『E.C. was Here』と同じ1975年にリリースされたクラプトンのスタジオ3作目です。日本タイトルは「安息の地を求めて」…クラプトンさんの私生活に介入しまくりのタイトルだな(^^;)。

 前作でやったボブ・マーレエの曲が売れたからか、レゲエにけっこう手を出してます。とくにA面はレゲエ率高し…でもやっぱり僕はクラプトンのコードストロークは音が汚くて好きになれない(T_T)。。クラプトンさんって、ブルース弾かせるとメッチャクチャうまいじゃないですか。でも、他のギター弾かせると、「おや?」ってこと、結構ないですか?理由のひとつは、ピック使って和音を弾く時の音の汚さにあると思うんですよね。要らない音を弾きすぎるのと、ストロークが緩いんだと思います。同じブルースロック系のギターでも、スティーヴィー・レイ・ヴォーンやジミヘンのプレイを聴いた後だと、その甘さがよく分かります。そんなわけで、コード押さえて「チャッ、チャッ」みたいに弾くレゲエは、とにかくどれ聴いてもつらい(^^;)。

 音楽は、アルバムA面はきつい、でもB面はちょっと面白い感じでした。A面は、バンドがただジャムやってるだけで辛かった(^^;)。バンドもレゲエやるならスタッカートさせてリズムを強調するとか、ビートが気持ちよくなるよう何か工夫するとか、なにかやればいいのに、ただ演奏してるだけでした。音に無神経で、なんにも考えてない、音も聴いてない人の演奏。でも、Bサイドはなかなかいい!B-2「Better Make It Through Today」のギターソロあたりから良くなって、続く「Pretty Blue Eyes」以降も、気持ちよくて好き。ああ、B面がリラックスした感じなんですね。

 というわけで、僕的にはB面後半だけ聴くアルバム…かな?レイドバックがどうとかいうなら、僕は『461』よりこっちの方が好き…でも50歩100歩かな(^^;)。。あ、ジャケットはめっちゃセンスあると思うんですが、この写真、なんかいわくがありそう。

関連記事
スポンサーサイト




Comments

03 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS