FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > クラシック   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『メンデルスゾーン:劇音楽《夏の夜の夢》抜粋、交響曲第4番《イタリア》 アバド指揮、ベルリンフィル』

Mendelsezone_Symphony4_Abbado_berlinerPhil.jpg メンデルスゾーンは19世紀のドイツ・ロマン派ど真ん中の作曲家です。代表作と言って僕が思いつくのは、結婚行進曲を含む劇音楽「夏の夜の夢」、ヴァイオリン協奏曲、そして交響曲4番「イタリア」の3つぐらいです。そのうち2つが入ってるこういうCDは、かなり有り難い(^^;)。

 メンデルスゾーンさんって、天才的な音楽力を持っていたそうです。一回聴いた音楽は内声を取り違える事もなく完璧に記憶し、一度見た楽譜はもう楽譜を見ずとも演奏してしまうモーツァルトも似たような伝説を持ってますし、現代でもそういう人はたまにあらわれます。そういう天才って、どういう頭の構造してるんでしょうか。思うに、自分の中にきっちりした音楽のフォーマットがあって、その型に嵌めて音楽を記憶してるんじゃないかと。プロの将棋指しも、自分が指した将棋を完璧に覚えていて、終わった後も途中の盤面図を完璧に再現しちゃったりするじゃないですか。あれ、渡辺竜王が言ってましたが、「プロ同士だとほぼ定跡に沿って指していくから目隠し将棋できる。でも、アマチュアとやると、はやい段階からめちゃくちゃな手を指してくるから覚えてられない」んだそうです。モーツァルトやメンデルスゾーンさんもそういう感じの「様式化された記憶の仕方」を持っているのであって、他の人と違う圧倒的な記憶量を持っているとか、他の人では聴き分けられない周波数の音がきこえるとか、そういうんじゃない気がします。だって、短期記憶にしても長期記憶にしても、そういう何らかの情報の圧縮方法を持ってなかったら、1音1音をバラバラに全部覚えるなんて不可能ですよね。

 なんでこんな話をしたかというと、メンデルスゾーンの音楽って、メンデルスゾーンさんのこういう天才と無関係じゃない気がするんです。メンデルスゾーンさんの音楽って、保守的で型に嵌まって聴こえるんです。なんでそうなるかというと、メンデルスゾーンさんにとっての音楽は、「テーマがあって、音は3度に積む以外にはありえないもので、和声はドミナントを軸に機能化されているもので…」以外にはありえないものだったんじゃないかと。つまるところ、「夏の夜の夢」の序曲も結婚行進曲も、有名なシンフォニー4番「イタリア」の第1楽章も、そういう音楽なのです。ここは主題変奏、ここは再現部…というのが、ものすごくはっきりしてるんですよね。音もそうで、非常に複雑な和声や構造というのはなくって、ここはドミナント、ここはトニック…みたいにえらくはっきりしてます。

 というわけで、ロマン派的な音楽の典型中の典型で、冒険もないのでいつ聴いても安心して聴いていられるかわりに、刺激が少なすぎてもの足りなくも感じる音楽でした(^^;)。それにしてもライブ演奏でこのクオリティか、昔のベルリンフィルって本当にすごいです。フルトヴェングラーの時はさらにすごかったんだから、やっぱり別格だと感じました!

関連記事
スポンサーサイト




Comments

03 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS