FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > クラシック   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲 ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1番 ムター(vln)、カラヤン指揮ベルリンフィル』

Mendelssohn_Bruch_ViolinKonzerte_Mutter_Karajan_BerlinPhil.jpg こちらは、アンネ=ゾフィー・ムターのヴァイオリンと、カラヤン&ベルリン・フィルによる、メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲です。カップリングは、ブルッフのヴァイオリン協奏曲第1番。1980年録音です。

 注目は、この時17歳のアンネ=ゾフィー・ムター。彼女は13歳にしてカラヤンから重用され、「天才少女」と騒がれて世界的ヴァイオリニストとなりました。僕も彼女目当てでこのCDを手にしました。先にムターの演奏の感想を書くと、スターンクレーメルに感じるヤバい何かは感じません…って、それを少女に求めるのは無理ですよね(^^;)。しかし、いちど感情的に入り込むとものすごい情熱的な演奏、すごかったです。正直に言って、感動してしまいました。狂気か危機迫るというのとは少し違うけど、こういう熱く震えるような情熱的な演奏って、女性特有と感じます。

 メンデルスゾーンのヴァイオリン・コンチェルトは…おっ、ミルシテインとアバド&ウィーンフィルより、こっちの方がしっくりくるかも。それにしてもいい曲だなあ、僕にとってのメンデルスゾーンはこれだけでいいと思うほどです(^^)。

 しかし本当の驚きはブルッフのヴァイオリン協奏曲第1番でした。正直にいうと、このCDを買うまではコンチェルト1番どころかブルッフ自体をよく知らなかった(^^;)>。ところが、曲も演奏も凄かった!本当に素晴らしかった!なんだこの鬼気迫る情念の塊のような曲と演奏は。。いやあ、感動してしまい、何度も何度も繰り返し聴いてしまいました。特に、燃え立つような情念と劇性を持った第1楽章が素晴らしいです。とてつもない昂揚感のすさまじさ、そこからアダージョに抜けた瞬間の例えようもない美しさ…ここでのムターのヴァイオリンは聴くに値する名演、ゾクゾクきました。1楽章から続くようになだれ込むアダージョの第2楽章も美しくも官能的、う~んこれはすごい。難をいえば、これだけ強烈に煮えたぎる音楽を書いておきながら、最後で月並みなロマン派和声で明るく大団円した所だけが残念(^^;)。それでもこの1~2楽章だけで、僕的には永遠の名曲名演です。ちなみにブルッフ、メンデルスゾーンから強い影響を受けた作曲家なのだそうです。なるほど、それでこのカップリングなんですね。

 僕はクラシックのこういうカップリングもののCDを買う時は、なるべく聴いたことのない曲や作曲家のものを 買うようにしてるんですが、ブルッフのヴァイオリン協奏曲1番の、しかも名演に出会うことが出来たのは、幸運でした。これはブルッフだけ取りあげたとしてもおすすめの1枚です!

関連記事
スポンサーサイト




Comments

04 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS