FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > 民族音楽・ワールド   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『長唄傑作集』

NagautaKessakushuu.jpg 端唄小唄は好きなんですが、長唄はあんまり聴いた事がありませんでした。長唄どうこうではなく、歌舞伎が大衆娯楽って感じであんまり好みじゃないもんでね(゚ω゚*)。でも、日本に生まれて、海外の物まねばかりの英米商業ソングしか知らないのも悲しいし、せめて有名な曲だけでもいいから長唄を聴いてみたいな、な~んて思ってアマゾンで探したら…おお~ありました、僕の需要にピッタリそう!収録されてる曲は「道成寺」「石橋」「雛鶴三番叟」など、有名曲ばかり5曲。唄や三味線は、僕はこの世界にまったく無知なのでよく分からないのですが、苗字が「杵屋」という人と「藤舎(とうしゃ)」という人が多くて、なんでも現代の名プレイヤー揃いなんだそう。きっと、家元制とか世襲制とかなんでしょうね。

 歌舞伎の中で使われる音楽は、語りもの(義太夫、常磐津、清元など)と歌もの(長唄)に大別されるそうです。僕は小唄も端唄も長唄も三味線音楽という認識でしたが、このCDの解説によると、長唄は三味線と囃子(小鼓、大鼓、締太鼓、笛)で伴奏されるんだそうです。そして、このCDを聴く限りでは、「イヨ~ッ」とか「ハアッ」とかいう合いの手を入れる人たちと、主メロディは複数でユニゾンで歌ってました。そして、長唄の名の通り、1曲がけっこう長くて、構成が大きいです。有名な「道成寺」が13分ぐらい、「鷺娘」になると20分もあります。モーツァルトの交響曲ぐらいの長さですね。

 音楽は、途中でアッチェルしたり、打楽器が抜けてアリアになったりと、なかなか仕掛けが見事。シブく聴こえるのは、西洋音楽に飼い慣らされてしまった僕の感覚では、低音楽器がなく、簡素に感じてしまうことが原因かと。一方でかっこいいいと思ったのは、クライマックス部分の合いの手に入る「イヨ~ッ」がメッチャかっこいい!三味線はほとんど合奏でしたが、大概の場合で僕は合奏より独奏の方が好きなので、三味線は小唄端唄や浪曲や津軽三味線の独奏の方が好みでした。

 歌。静かな部分での歌の歌い回しが見事!いや~これは日本の音楽でしか聴く事の出来ない唱法、名人芸です(^^)。一方で、小唄端唄に比べると、言葉が理解しにくかったです。いや、小唄端唄の方が詩的な表現が多くて難しいのかも知れませんが、それでも短いのでなんとかなりました。でも、長唄は、ひとつひとつの言葉は分かるんですが、これがつながるとだんだん分からなくなってしまいました。「人々眠ればよきひまぞと、立ち舞うようにねらいよて、撞かんとせしが…」みたいな感じ。英語の長文読解と同じで、単語は分かるんだけど長文読解に苦しんでしまった(^^;)。これって、琵琶音楽でも同じ事を感じた事があるなあ。というわけで、反則と言われようが、先にストーリーを覚えるなり、解説を読んで聴くなりした方がいいかも。西洋音楽よりも言葉で語られるストーリー重視なので、詞をきかずに音だけ楽しもうとすると、すこし退屈。詞を追いながらだと退屈してる暇なんて全然ないんですけどね。。

 日本のオペラとかバレエという感じ。音楽というよりも、総合芸術として接した方が楽しめるかも知れないな。ここはたぶん歌舞伎役者が登場してきてるところなんだろうな…とかいう所もありましたし。というわけで、長唄だけを集めたCDを買っておきながら、歌舞伎そのものに興味が出てきたのでした。でも、貧乏人の僕は歌舞伎座なんてなかなかいけないなあ(T_T)。

関連記事
スポンサーサイト




Comments

01 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS