心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > クラシック   Tags: ---

Response: --  

『グラズノフ:クレムリン/組曲"中世より"/叙情的な詩』

Glaznov_poemeLyrique.jpg 近代のクラシック音楽を、前の時代の音楽と現代音楽の双方の良さを持っている素晴らしい音楽として紹介してきました。R.シュトラウスの「変容」のような音楽を真ん中とすれば、マルタンはもう少し現代寄り。そして今回紹介のグラズノフはその逆で、ロマン派寄りの音楽という事になるかと思います。というか、ロマン派そのものですね。しかし、帝政ロシアがロシア革命という世界史上でも最大規模の市民革命で滅びる瞬間を生きた、まさにロマン派最後の輝きを見せた音楽…僕にはそう思えて仕方がありません。

 帝政時代のロシアというのは、ヨーロッパに憧れ、ヨーロッパの後を追っている所があります。またそれを自覚してもいるから、自文化の良さを探して国民楽派みたいなものも出てくる。後追いだからブームがちょっと遅い。ドイツやフランスが音列技法や4度積みの和声に突入しているときに、ロシアではようやくロマン派音楽で良いものを書く作家が出てくるぐらいの状況。しかし、後追いの良さというものもあって…元祖であるヨーロッパ中心地よりも完成度の高いものを作っちゃったりするわけです。更に、厳しい時代に突入していく落日の帝政ロシアという時代背景なんかもあって…ロシアの世紀末ロマン派音楽は、独特の美しさを放つ。

 僕にとっては、グラズノフの書いた「叙情的な詩」(poeme lyrique, Op.12)がまさにそれです。なんという美しさ、なんという叙情性。。10分ほどで終わってしまう短い曲ですが、息をのむ美しさ、息をのむ切なさです。ハードロック、フリージャズ、現代音楽…音楽の極致を辿ってきたと自分では思っていますが、しかしこれらの音楽では、世紀末ロマン派のこの儚さ、この美しさを響かせることは不可能でしょう。

 グラズノフという作曲家自体が、いまではもう歴史の中に埋もれかかっているのではないかと思われます。しかし、ショスタコーヴィチも彼に学んだという、ロシア音楽の中で重要な役割を果たした素晴らしい人です。その代表作として「叙情的な詩」を挙げる人は見た事ありませんが、僕はこの曲が一番好き。それは、グラズノフの作品の中で、というだけでなく、すべてのロマン派音楽の中で、そうなのです。
 ロシア世紀末ロマン派音楽の美しい響きは、埋もれてしまうにはあまりに惜しい。その叙情性はベートーヴェン以上、もしかするとブラームスにも匹敵するんじゃないかというほどにゾッとくるものがあります。このCDを手に入れた当時、グラズノフの「叙情的な詩」の録音は、日本最大のレコード店でもこれしかありませんでした。NAXOSという廉価レーベルの出したCDなのでちょっと怖かったのですが、そのリスクを冒してでもCDで聴きたかった。そして…これが演奏も録音も素晴らしかった!!クレメッツ指揮、モスクワ交響楽団の演奏、そしてモスクワ映画スタジオでの収録(!)…こういう所にも、色々な背景を感じます。




関連記事
スポンサーサイト

10 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
スゴイのが出る!King Crimsonの1970-1972年の間のスタジオとライブ音源!21CD+4BD+2DVD!リハーサルテイクとか、メッチャ聴いてみたい!2万円か、また貯金しないと。。 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS