fc2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ジャズ   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Bud Powell / the genious of Bud Powell』

Bud Powell the genious of Bud Powell 僕が何枚も聴いてきたバド・パウエルの録音の中でいちばん好きな1枚!「シーン・チェンジズ」でも「ホット・ハウス」でもなく絶対にこれというほど鉄板の1枚です!1950~51年録音という事でバド・パウエルの録音の最初期のものにして絶頂期、考えてみたら51年ってチャーリー・パーカーがまだ生きていてレコーディングもしてますよね。ビバップの最後の炎が燃え上がってるぐらいの時期でしょうか。

 このCD、あんまり音楽的じゃないですが、そこがいい!!バド・パウエルの超絶的なピアノ演奏を聴くことに特化したようなレコードで、ほとんどのトラックが演奏しまくりな超絶技巧練習曲のような構成。2曲を除いてピアノソロなんですが、もうピアノだけだなんて忘れちゃうぐらいの凄さ。バラードですらアドリブ炸裂で弾きまくりです。ビバップ全盛だった40年代中ごろ~50年代前半のジャズの魅力って、まさにそこじゃないかと思うんですよね。狂ったようにアドリブで演奏しまくるその狂いこそがジャズだ、みたいな(^^)。

 右手の高速プレイ、左手のポンピング、どちらもすごすぎ。いや~どうしてこんなキレッキレに演奏できるんだ。僕らが知ってるいわゆるジャズ・ピアノって、ぜんぶバド・パウエルからスタートしてるんでしょうね。あのクラシカルでエレガントなビル・エヴァンスですら、アップテンポなジャズでは完全にバド・パウエルですし。高速のアドリブでグイグイ進む躍動感、この熱さこそジャズ!実は僕、若い頃にジャズピアノにいそしんでいた事がありまして、バド・パウエルのこの光速の右手を一生懸命練習したんです。クラシックをやっていたので、クラシック以外の音楽は技術的には何でも演奏できる自信があったんです。ところがバド・パスエルの演奏、速度は何とか追いつくんですが、この強烈な切れがぜんぜん出ずにまったく太刀打ちできず。音大で習った表現とか全部ほったらかして、クラシックではありえないこのタッチと技術一本槍に夢中になってました。表現なんて言ってる前にまずは技術がないとどうにもならない、みたいな。。これは本当にすごい、モダンジャズ最初期に出てきたトップバッターにして、いきなり4番クラスのこの技は反則というもんです(^^)。

 何年か前に、チャーリー・パーカーの演奏の研究本を読んで考えがちょっと変わったんですが、でもやっぱり僕の中では「パーカーがあまりに有名だけど、音楽面でのビバップの進化を支えていたのはモンクとバド・パウエルだよな」なんて思ってました。だって、ジャズという音楽の進化でいえば、管楽器じゃなくてやっぱりピアノでしょ、みたいな。しかもこの強烈演奏ですからね。ジャズが好きなら避けては通れない1枚、久々に聴きましたが、燃え上がってしまいました(^^)/!

関連記事
スポンサーサイト




Comments

07 2022 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
狭いながらも居心地のいい宿で、奥さんとペット数匹と仲良く暮らしている音楽好きです。若いころに音楽を学びましたが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたレコード/CDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度のものですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
ロシアとウクライナがほぼ戦争状態に入りましたが、僕はソ連解体後のウクライナについて本当に無知…。これは2016年にオリバー・ストーン監督が作ったウクライナのドキュメンタリー映画。日本語字幕版が出たらぜひ観たい このブログをYoutube にアップしようか迷い中。するなら作業効率としては早いほど良いんですよね。。その時にはVOICEROIDに話してもらおうかと思ってるけど、誰の声がいいのか考え中
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS