FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ジャズ   Tags: ---

Response: Comment: 2  Trackback: 0  

『Bud Powell / the amazing bud powell volume 1』

Bud Powell the amazing bud powell volume 1 バド・パウエルの、1949年と51年の2つのセッションを収録したブルーノート盤です。ブルーノートは「Amazing Bud Powell」というバド・パウエルのLPシリーズを5枚出してまして、これはその第1弾。バド・パウエルの全盛期は40年代末から51年までなんて言う人もいまして、そういう意味でいうと、ブルーノート盤ではこの1枚だけが全盛期にひっかかってる事になります。ただし、僕はこのシリーズのvolume2と3を聴いておりませんで、本当に51年までが全盛期なのかどうかは不明です(^^;)。

 49年のセッションのメンバーは、パウエルに、トミー・ポッター(b)、ロイ・ヘインズ(dr)のトリオと、それにファッツ・ナヴァロ(tp)とソニー・ロリンズ(ts)が入ったクインテットの演奏。51年は、カーリー・ラッセル(b)とマックス・ローチ(dr)とのトリオです。なるほど、どちらのセッションも58年の「シーン・チェンジス」という有名なレコードと比べると、ビバップらしい熱さを感じるバド・パウエルを聞く事が出来ます。僕は「シーン・チェンジス」よりも、こっちのアルバムの方が好き。でも、ヴァーヴの「ジニアス・オブ・バド・パウエル」やROOST盤「バド・パウエル・トリオ」に比べると、キレと勢いがない感じ。単純に、狂乱の演奏をするパウエルが好きなのに、このレコードのパウエルは手数が少ないです。1曲目の「ウン・ポコ・ロコ」なんて、ソロ中でけっこう考えて止まっちゃってるし(^^;)。そういう意味でいうと、アップテンポの曲より、スローナンバーのアプローチの方が聴いてて面白かったです。

 でも、そう感じてしまう理由のひとつって、パウエルの演奏だけじゃなくって、僕が持ってるのが、ボーナス8曲入りのCDという事もあるかも。このボーナスというのが、要するに没テイクなんです。ジャズのこういうレコーディング・セッションって、曲ごとに録音していって、テイクごとに「ここをこうしよう」とか「もう少しテンポをあげよう」とか「ごめん、アドリブがイマイチ決まらなかった」とか言って、録音するんです。で、いいのが録音出来たら、その曲は終わり。普通は、録音のノイズとか何かの時のために、少なくとも2テイクは残す、みたいな感じで進めます。こういうふうに作ってるものなのに、没テイクを全部入れるって、レーベルの良識を疑っちゃうなあ。それでも入れるなら、没テイクは資料として最後に集めておいてくれればいいのに、同じ曲を連続で3曲とか並べるもんだから、ぜんぜん楽しく聴けないです。このアルバムの1曲目なんて、ソロがぜんぜん弾けてない別テイクから入れてあるし。そんなの信じられないし。こういう所に配慮しないから、買収された後のブルーノートって嫌い。売ることしか考えてない、音楽への愛が足りなすぎですよね…。このアルバム、没テイクなしで聴きとおしたら、もしかしてもっとよく聴こえるのかな?

 というわけで、僕が聴いたバド・パウエルのレコードの演奏でいうと、悪くはないけどグレイトなパウエルが聴けるというのじゃないかな?バド・パウエルというとブルーノート盤がひたすら推薦されるけど、僕的にはブルーノート盤は有り難がって聴くほどのものじゃないと思ってます。若いときの僕が、Volume2から4を買わなかったのはけっこう正しい判断だったかも…きいてないから分からないんですが(^^;)。

関連記事
スポンサーサイト




Comments
 
BachBachさん、こんばんはー。
僕はこの盤は大好きですが、没テイクはカットして別に落とし直してから聴いてます。チャーリー・パーカーのアルバムでもそういうのがたくさんありますね。
ボーナステイクも、せっかくのアルバムの流れを壊すのが多いので、基本はカットして聴いてます。。。
ボーナストラックは良し悪し 
goldenblue さん、書き込みありがとうございます!ずいぶん肌寒くなってきましたね~。

そうですよね、最初から同じ曲が3曲続いたり、いきなりテーマを弾き間違えてるものや、ソロ中で明らかにコケてるテイクが入ってたりすると、さすがに萎えますよね(^^;)。LPとまったく同じ内容だと買い直ししてくれないからボーナスを入れるんでしょうが、入れるにしてももう少し音楽的に愛情ある入れ方にして欲しいと思ってしまいます。明らかにミスしてるテイクの収録なんて、当のミュージシャンからしたら「頼むからやめてくれよ、こっちも恥ずかしいし、これを聞いてよいと思う人だっていないだろう」ってなもんじゃないかと。

今度、僕も、ボーナスをぜんぶ除外して聴いてみようかな(^^)。

04 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS