FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 2  Trackback: 0  

『Ritchie Blackmore's Rainbow』

ritchie-blackmores-rainbow.jpg ディープ・パープルを脱退したリッチー・ブラックモアが結成したハードロック・バンドのデビュー作、1975年発表です。

 アルバム『Long Live Rock’n Roll』でレインボーをとんでもなくカッコいいと思った僕は、ロック名盤ガイドを見て、他のレインボーのアルバムを探しました。そこに出てたのがこのアルバムだったんですが、買うのにメッチャクチャ躊躇したんです。理由は、アルバムジャケットがダサかったから。お城がエレキギターになってるよ(^^;)。中1でしたから、なけなしの小遣いをはたいて買うものはすべてにパーフェクトであってほしかったし、背伸びしたがりの年齢だったもので、「ガキくさい」「ダサい」は悪だったのです。そんなわけで、割り勘で「友&愛」で借りたんです。そしてうちに帰って聴くと…あぶね~、買わなくてよかった。。

 いちばん駄目だったのは、ぜんぜんハードじゃなかった事。1曲目のギターリフなんて、「これカッコいいか?むしろダサいよな…」みたいな。この感覚って、僕の場合は「スモーク・オン・ザ・ウォーター」もそうなんですけどね(^^;)。他にも、曲が変に明るくてのほほんとしてる、ミドルテンポの曲ばかりでスピード感が足りない、演奏にキレがない…そしてなにより音が駄目だった(T-T)。アルバム冒頭のギターのイントロからして、なんか音が丸いし遠い。あの「Burn」や「Highway Star」と同じギタリストの音とは思えなかったのです。ドラムも「ズバ~ン」と来なくて、「タッ、ボン…」みたいな感じ。ハードロックの音がこれじゃダメだろ、もっとズバーンと来てくれなきゃ…みたいに思ったんです。というわけで、ハードロックやメタルに期待しまくっていたガキにとって、あまりに刺激の少ないアルバムだったのでした。

 そうそう、このアルバム、ジミ・ヘンドリクスの名曲「Little Wing」にそっくりな曲が入ってますが、ブラックモアさんってジミヘンとか好きそうじゃないのに、やっぱり影響を受けてるんでしょうか。

関連記事
スポンサーサイト




Comments
私もダメでした 
私は次では無かったですが、期待して買ったけど、なんだかスカスカな音でかっこよさを感じませんでした。
未だに一番聴かないレインボーかもしれません。
Re: 私もダメでした 
ボネ太郎さん、書き込みありがとうございます!

そうですよね、これはちょっとですよね。でもそれって、ハードロックを期待してしまうからいけなかったのかなあ。

05 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS