FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: アート・本・映画 etc. > 本(漫画・サブカル)   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

コミック『愛と誠』 梶原一騎原作、ながやす巧作画

Ai to Makoto_comic 梶原一騎原作の漫画のトップ2は「あしたのジョー」と「巨人の星」で決定と思いますが、ではもう1作あげるとしたら?タイガーマスク?柔道一直線?僕が夢中で呼んだ作品はそのどちらでもなく、「愛と誠」でした(^^)。おお、クリスマスイブに「愛と誠」とはなかなかタイムリーだ!って、狙ってたんですけどね(^^;)。でもこの漫画、「愛と誠」というタイトルから想像されるような代物じゃないです。暴力上等、非道に非道を重ねるので、聖夜にこれほどふさわしくない漫画もないんじゃないかと。この漫画、惹きつけられるように夢中で読みつつも、「面白くねえなあ」とも思いもしたという、ちょっと不思議な漫画でした。

 面白いと思った所は、緊張感がすごかった事!この漫画は、不良高校生を主題にしたものなんですが、リンチや拷問の描写が凄すぎて生きた心地がしない緊張感だったのです。不良だらけの高校に入り、誰が影の番長か分からない状況で、いつ殺されるかもしれない…みたいな異様な緊張感にドキドキ。僕がこの漫画を読んでいたのは小学生の頃だったんですが、子どもの限界をはるかに超えてました。デビルマン級でした。でも、それがもう少し上のお兄さんたちの世界を覗いてるような、知らない扉を開けているような魅力だったのです。ホラー映画を観る時の「怖いもの見たさ」に近い感覚だったかも。

 でも、面白くないと感じるところもありました。不良が喧嘩したりあれこれするのに、いちいち理屈が多いんです。喧嘩なんて、理屈で起きるもんじゃないって…というのが第一感。このくどくてメンドクサイ理屈が、けっこう萎えました(^^;)。いちいち鼻につくんですよね。キスひとつするだけでも、ものすごく壮大な理屈が必要、みたいな。

 そして久々に読んで思った事は…ながやす巧さんの絵がうまい!うますぎる!漫画なんて週に15ページぐらい書かないといけないと思うんですが、それでこのデッサン力はすごい。漫画で絵だけで感動させられたのって、この漫画と、井上雄彦さんの「バガボンド」ぐらいかも。漫画って、絵が半分ですからね、やっぱり絵は馬鹿に出来ないなあ、と。何度もテレビドラマや映画になった作品ですが、この作画を上回る早乙女愛はついに生まれなかったんじゃないかと。この絵の早乙女愛なら命がけで守りたくもなりますが、池上季実子や武井咲じゃ命を張る気にゃなれないぜ(゚∀゚*)。

関連記事
スポンサーサイト




Comments

04 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS