心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ラテン   Tags: ---

Response: --  

『ビセンテ・アミーゴ / 魂の窓』

VicwnteAmigo_imaginadas.jpg フラメンコ的な凄さって、昔の大御所の方がその本質を捉えている気がします。でもだからといって、新しい世代の人のフラメンコ・ギターがダメかというと、そうとも思いません。パコ・デ・ルシアは5枚も6枚も聴いて全部ダメだったので諦めましたが。。で、かなり若い世代でいうと、このVICENTE AMIGO という人のギターは、すごく格好良かったです。

 あくまで歌とバイレがフラメンコの中心にある重要である事がその理由かと思うのですが、フラメンコのギターが新作をジャンジャン作るというわけにはいかないんじゃないかと。フラメンコの曲種って、ソレアとかファンダンゴとか決まってるんですよね。例えば、ソレアだったらリズム(フラメンコではコンパスというそうです)はこうで楽曲構造はこうでスケールはこう…って感じで決まってる。バイレ(バレエ)からすれば、いかにフラメンコのあの情熱的なところに入っていくかが重要なんであって、ギターの新作なんて望んでもいないし、またコンパスを変えられるのなんてむしろ弊害ですらあるんじゃないかと。これがフラメンコの曲種がずっと固定されたままである理由なんじゃないかと。だから、オーソドックスなフラメンコのCDを買うと、プレイヤーこそ違うものの、演奏している曲はみんな同じです。アドリブの要素が少なからずある音楽ではあるので、それでも楽しめるんですが。。これが、若い世代になると、フラメンコギター独奏というジャンルがだんだん開拓されていって、またそれがジャズとかクラシックなんかの他の音楽の影響も受けたりして、独立した器楽音楽という側面が出てきます。こうなると、だんだん「フラメンコ的」なものからは離れていく事になるわけですが…いや、それはそれで良い事なんだと思います。

 で、そうしたフラメンコの新しい局面を見事に音楽に反映させているひとりが、このビセンテ・アミーゴという人だと思います。純粋フラメンコをやっているCDとしては、彼のデビュー作があるのですが、例によって古典フラメンコの、知っている曲種ばかり。いや、フラメンコ右派の人は、これを望んでいるんでしょうが…。それに対比するように、このCDは、古典曲にエレキベースやカホンを入れて編成してみたり、フラメンコ的なアイデンティティを保ちながら他の音楽の要素を取り入れた、という感じです。ベースや打楽器を入れると、リズム部分は他に任せられるので、ギターは各パッセージごを弾き切る事に集中できるという長所が出たんじゃないかと。1小節とか2小節ぐらいで作られているそれぞれのパッセージの切れ味と言ったらありません。
 他にも、古典フラメンコから外れながらも、スケールなんかにフラメンコの香りを残している曲とか、色々なアプローチを楽しむ事が出来ます。フラメンコが伝統音楽化して形骸化してしまわないために、こういう挑戦を続けるラインというものも必要なんじゃないかと思わされます。ことヴィセンテ・アミーゴに関しては、古典をやるよりもこういうフュージョン的なアプローチをしたパフォーマンスの方が、なんだか似合っている気がします。

 …う~ん、なんかエラそうな文章になってしまいましたが、フュージョン的なアプローチが良い方に出た、素晴らしい音楽だと思います。これは、ソニーというメジャーレコード会社と契約したからこそ出来た音楽なのかもしれませんね。小さなレーベルでは、こういう音楽を作るだけの金銭的な体力はないでしょうから。しかし、ジャケット写真、いい目をしているなあ。






関連記事
スポンサーサイト

11 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
スゴイのが出る!King Crimsonの1970-1972年の間のスタジオとライブ音源!21CD+4BD+2DVD!リハーサルテイクとか、メッチャ聴いてみたい!2万円か、また貯金しないと。。 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS