FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: アート・本・映画 etc. > 映画   Tags: ---

Response: Comment: 2  Trackback: 0  

映画『ランボー』 シルヴェスター・スタローン主演

Rambo_first blood 正月に何をしていたかというと、ランボーを観まくってました(^^)。この映画をはじめてみたのは、テレビのロードショー番組。30年以上前だったと思いますが「ランボー2」の映画宣伝のための放送で、派手さがなく、なんと地味な映画なんだと感じました。ところが徐々に目が離せなくなり、なにか心にひっかかる感じで覚えていました。それ以来、何回か観ているうちに、今では数年に1度は見るほどの大フェイバリット映画になった次第(^^)。なお、オリジナルのタイトルは「First Blood」で、「先に仕掛けた」みたいな意味だそうです。

 ベトナム帰還兵が合衆国で疎んじられる状況を背景にした物語。グリーンベレーだったランボーは、故郷に帰ると仕事すらないありさま。戦友を尋ねればみな戦争の後遺症で命を落としており、その帰り道でも危険な風来坊扱いされ、町を追い出されそうになります。そこで反抗的な態度を取ったために地元警察に拘束されます。しかしランボーは元グリーンベレーで、ひとりでも軍隊なみの強さ。ランボー対アメリカ田舎町の警察署の戦いが始まります。

 逃げ込んだ森にブービートラップを仕掛けて警官の追撃をかわす。光のない坑道に追い込まれてもサバイバル術で生き残る。有名な崖からのダイブシーンでは、ありえない高さからのダイブで生還する。そういう所だけ見ると、たしかにランボーはヒーロー的な映画なのかも。でも、ランボーは暗く寡黙で陰のある男で、およそクラスの人気者になるタイプではありません。セガールやシュワちゃんみたいにまったく恐怖を感じない非現実的な超人でもなく、傷だらけになり、傷つき、怒りに震えながら生き抜く感じ。これをしいて表現すれば、孤高のアウトサイダーという感じでしょうか。これが、中2病まっただ中だった僕には、最高にカッコよかった!十字架を背負ってる感じに痺れたんです。警察に連行されていく悲劇的なラストが、またいい。この映画、ランボーが射殺されるというエンディングが先に撮影されたそうで、それは特典映像に入っていたりして(^^)。でも、出来がいいので、続編もあり得るかもと、ランボーは生きながらえたそうで(^^)。
Rambo_first blood_jump もうひとつの良さは、ランボーに敵対する州警察の署長にも、署長なりの正義があって、好感が持てる事です。つまり、完全な正義と完全な悪の戦いではなく、複雑な人間ドラマにもなってるんですね。こういう人間ドラマとしての深みが、この映画を単なるアクション映画にしなかったポイントだたんじゃないかと感じました。

 派手さはないのに、観れば観るほど嵌まる映画でした。僕はこのパターンが意外と多くて、女の子も「派手な子に会った瞬間ひと目ぼれ」という事はあんまりないのに、ちょっと渋い感じの子が気になって、そのうちだんだんと好きになって最後には大フェイバリットになったりするのです(^^)。きっと、分かりやすいきらびやかさより、深さに惹かれるんでしょうね。アクションスターを使ったハリウッド映画ながら、深さを感じる映画でした。シリーズ中もっとも地味で、しかしシリーズ最高傑作。大推薦です!!

関連記事
スポンサーサイト




Comments
明けましておめでとうございます。 
この映画の渋さは十分に味わった上ですが、当時「原作の小説」を読んで
えらく感動した記憶があります。はるか昔の馬鹿中坊時代なんで記憶も曖昧ですが、BOSSの「Born in the USA」の和訳歌詞の捉え方が変わった事は覚えてます。

・・・自分は「映画気に入ったら原作小説読む」ガキだったって今更気づきました。ヒマだったんだろーなー。
ランボーの原作、読んでみたい! 
地味JAM尊さま、書き込みありがとうございます。そして、あけましておめでとうございます!

おお、原作も読んでらっしゃるのですね!実は僕もけっこう原作を読む方なんです。「スタンド・バイ・ミー」、「華麗なるギャツビー」、「犬神家の一族」などなど、かなりたくさん読みました。でも、これは読んでないんです。感動したんですか、じゃ僕も読んでみようかなあ。。

そうそう、僕も「Born in the U.S.A」の聴こえ方は、ある時から変わりました。昔、このブロクにも書いたかな?あれ、合衆国讃歌なんかじゃないんですよね、「イエローマンを殺しに行く」なんてところは、ベトナム戦争の事だろうし。

というわけで、今年もどうぞよろしくお願い致します!

04 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS