FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > 民族音楽・ワールド   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『極寒の歌声 ケープ・ドーセット イヌイットの歌』

Gokkan no Utagoe_inuit 寒い、寒いです。こんな時は、「俺より寒い思いをしてる人が世界にはいっぱいいるんだ」と思う事にして、寒さを耐えしのぐ事にしよう、そうしよう。
 シベリアからアラスカ、カナダ北部、そしてグリーンランドにまで生息している人たちを、昔はエスキモーと呼んでいましたが、今はイヌイットと呼ぶらしいですね。きっと人権的な理由からなんでしょうね。いまはインディアンとも言わないし、黒人も差別用語みたいだしね。このCDはカナダ北東に住むイヌイットの人たちの音楽を収録した、とても貴重なものでした。1993年の現地録音で、なんと零下40度だったそうです!寒いって、そんなに寒いのか、バナナで釘が打てるよ…。イヌイットって、「寒い所に住んでいる」ということ以外、僕は本当に何も知らないので興味津々(^^)。

 このCDに入っていた歌は、ほとんどが無伴奏の遊び歌でした。もの凄くプリミティブですが、でも普通の歌は世界中に残っている民謡に雰囲気が似ていて、そこまで驚きませんでした。驚いたのは、「のど遊び歌」という、のどを鳴らす遊び。これが13曲ほど入ってたんですが、一瞬電子音楽かと思った!ふたりの人が交互にのどを鳴らしているんですが、人間ってこんな音だせるんだと思ってしまいました。音色だけでなく、なんか音楽自体が電子音楽っぽくて、合間に息継ぎの音がきこえなかったら声だってわからなかったかも知れません(^^;)。

 イヌイットの方々は、昔みたいに犬ぞりで走るなんて事はもうしてないそうですが、幸いにも白人との接触が少ないおかげで文化的な侵略は進んでいなくて、言語や音楽の文化は今も受け継がれているそうです。それにしても、極寒の地で生きていくって、どういう生活や人生になるんだろう。興味津々です(^^)。

関連記事
スポンサーサイト




Comments

01 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS