FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ジャズ   Tags: ---

Response: Comment: 2  Trackback: 0  

『Sonny Rollins / Saxophone Colossus』

Sonny Rollins Saxophone Colossus 1956年発表のサキソフォン・コロッサス、ソニー・ロリンズのレコードでいちばん有名なものではないでしょうか?!このアルバムはワンホーンで、ピアノはトミー・フラナガン、ベースはダグ・ワトキンス、ドラムはマックス・ローチです。

 僕がはじめて買ったロリンズのレコードはこれでした。とにかく有名な1枚だったので、まずはこれだろうと思ったのです(^^)。ところが、1曲目「セント・トーマス」はほのぼのした曲想、2曲目「you don’t know what love is」はゆったりバラード。あれ、ハードバップって、ハードといってもこんなもんかと、ズッコケたのでした。キャノンボール・アダレイの「Somethin’ Else」を聴いた時も同じような印象でした。このアルバム、叩かせたらとんでもなくすごいマックス・ローチがドラムですが、これもぜんぜん叩かない。バックバンドやる時のローチって、フロントを立ててあんまり叩かないんですよね(^^;)。アドリブも、16分音符で心地よく「パラパラパラパラ…」みたいな感じで、コルトレーンみたいに32分で一気に畳み込むとか、アウトしてきわどく攻めるとか、そういう事をしないので、正直言って肩透かし食った気分でした。

 そんな第一印象のレコードだったのですが、このアルバムをいいと思うようになったのは、自分でジャズを演奏をする勉強をしてからでした。ジャズのアドリブって、ロックと違って動く和声進行の上でするので、僕の場合は印象づけたい音の動き(例えば、Ⅱm7の2度からV7の減5度への半音進行とか)を軸に組み立てるので、だんだん自分好みの組み立てが出来上がっていって、ある程度の型が出来てくるんです。それが悪い方に出ると、ほとんど同じラインになったり。ところがロリンズのフレージングって、かなり自由。これって、フレーズをストックしてるんじゃなくて、本当にアドリブで組み立ててるんじゃないか…って感じだったのです。例えば、A面3曲目の「Strode Rode」のアドリブなんて、聴き流してると何でもないんですが、自分で演奏してるつもりで聴くと…いやあ、50年代にこのアドリブって、すごくないかい?ロリンズ登場前のテナーサックスって、レスター・ヤングに、良くてデクスター・ゴードンぐらいですよね。そこからすると格段の進化。モダンジャズのテナーサックスって、ピアノやアルトサックスに比べると音楽的に進化が遅かったですが、ロリンズとコルトレーンで変わったんだろうな、と改めて思ったのでした。

 というわけで、音の印象だけでジャズを聴いていた頃は、「刺激の少ない古くさい和声に似たような曲ばかりで面白くないな」と思い、アドリブソロのアナリーゼをしながら聴くようになってからは、「さすがに名を残した人は持ってるな」と感想がひっくり返ったアルバムなのでした。でもこれって、ハードバップ全般に言える事なんでしょうね(^^)。

関連記事
スポンサーサイト




Comments
私も初めてでした 
>僕がはじめて買ったロリンズのレコードはこれでした。

私が初めて買ったジャズのレコードはこれでした。
中3だったか、ロック仲間の最先端?の奴が、最近ジャズを聞いているというのに影響されて。
失敗しないように、スイングジャーナルで研究して、さらに渋谷のディスクユニオンに毎週通って、中古盤が出た時に入手したので、半年以上かかりました。

古きよき時代のサウンド、という記憶しか無いのですが、そんな自由なフレージングだったのですか?
聞こうと思って探したけど、はるか昔に売ってしまったらしく、ありませんでした。
Re: 私も初めてでした 
AKISSH さん、書き込みありがとうございます!

はい、「ああ、これはフレージングまで本当にアドリブで吹いてそうだな」という感じでした。でも、自分が演奏してるつもりで聴かないと、そんなの関係ないというか、おっしゃるとおりに大らかな古いジャズという感じですよね。

モダン・ジャズを聴き始めたころ、ハードバップ系だと、名盤と言われているものでも「ん?」みたいなものがそれなりにあって、これは時代差なのかな、と思ったりしました。というわけで、50年代ジャズは聴くのを途中でやめてしまっていて、きっといいものまで聴き逃してしまってる気がします(^^;)。

04 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS