心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ジャズ   Tags: ---

Response: --  

『CECIL TAYLOR: the quartet / NAILED』

CecilTaylor_nailed.jpg セシル・テイラーの1990年のカルテットによる音楽です。まず、メンバーが凄い。セシル、テイラー(ピアノ)に、エヴァン・パーカー(サックス)、バリー・ガイ(ベース)、トニー・オックスリー(ドラム)。いや、もうこのメンバーである時点で、ある程度以上のクオリティは保証されたようなものですが、これが予想を上回るほどの良さです。まず、セシル・テイラーの音楽の狙っているところを、バンドが理解している。これ自体がなかなか無い事で、伝統的な西洋音楽の音楽構造&前衛的な和声&これを即興で実現させる&演奏のテンションもハイレベルに保つ…口でいうと簡単ですが、これを実現できるという時点で、もうプレイヤーが限られてくる気がします。そして、セシル・テイラーとエヴァン・パーカーの演奏のテンションがものすごい!

 エヴァン・パーカーというサクソフォニストは、フリー・インプロヴィゼーションの世界では超有名な人。ノンブレスでの循環呼吸奏法(鼻で息を吸いながら口から息を出し続ける奏法で、だから息継ぎなしで延々音を出し続ける事の出来る奏法)とか、普通のアンサンブルでは使いにくいような色々な奏法を駆使しながら、かなり変わった音楽をやっている人なんですが、僕はこの人の音楽があんまり好きじゃない…のですが、このCDでの演奏はもの凄かった!!もしかすると、このバンドではバンドマスターの音楽の方向性を最も理解できてないんじゃないかという気がしますが(^^;)、ここではリーダーや他のメンバーがそれを逆手にとって、パーカーにはバンドの熱っぽい部分を表現してもらう役回りを与えて、勝手にやらせてます。これが良い方に出た感じです。

 あと、90年のライブという所にも注目です。セシル・テイラーって、50年代からアメリカのジャズ・シーンで活躍していますよね。しかも、その中ではかなり先鋭的というか、芸術的な方面のトップランナーとして。でもアメリカって、実際に行ってみると、都市部であってもかなり保守的です。ニューヨークなんかも芸術の街みたいに思えて、実際にジャズのライブハウスに行くと、スタンダードとか、そんなのばっかり。ましてや田舎に行くと、ジャズどころじゃないぐらいに保守的。70年代末ぐらいになると、もうセシル・テイラーのような前衛芸術のような方面に伸びていく人には生きにくい国だったんじゃないかと思います。で、60年代とか、良くて70年代ぐらいを最後に、テイラーの音楽はアメリカでの居場所を失ったんじゃないかと。その頃、テイラーの音楽を理解できたのは、ヨーロッパだったんじゃないかと。ヨーロッパって、知的なものを受け入れる文化が浸透しているし、また聴衆もそれだけの耳に育っている地域である気がします。このCDはドイツのFMPというレーベルからリリースされているんですが、FMPはセシル・テイラーのCDをかなりたくさん出しています。これが玉石混合で、お粗末で状態の悪いセッションも片っ端から出してみたり、歴史的名演といってよいぐらいのものも出してみたりで、買う側としては翻弄されっぱなしです(笑)。で、これはその中でも大当たりの1枚。要するに、70年代以降のテイラーの音楽がつまらなくなったわけではなくて、あのダメダメな80年代以降のアメリカ音楽シーンの中に、テイラーの生きる場所がなかったというだけの事なんだと思います。

 それにしても、このCDはいい!セシル・テイラーの音楽を聴くとき、僕はたいがいその作曲センスと演奏のバランスの見事さに感服してしまう事が多く、ハイテンション一本槍の演奏のものは好きじゃないんですが、これは例外で、デザインは最低限にとどめた上で演奏を活かしきったもの凄いパフォーマンスと思います。マジで凄い。。大おススメです!が…手に入れにくいかも。







関連記事
スポンサーサイト

10 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
スゴイのが出る!King Crimsonの1970-1972年の間のスタジオとライブ音源!21CD+4BD+2DVD!リハーサルテイクとか、メッチャ聴いてみたい!2万円か、また貯金しないと。。 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS