FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: アート・本・映画 etc. > 本(音楽)   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

楽譜『池辺晋一郎:ギターは耐え、そして希望しつづける』

Ikebe_Guitar ha Tae_score  池辺先生作曲の 「ギターは耐え、そして希望しつづける」は、実は楽譜も買ったのです(^^)。これは池辺晋一郎先生のギター作品の楽譜で、池辺作曲「ギターは耐え、そして希望しつづける」「カーチャのテーマ」と、池辺編曲「インターナショナル」の3曲を収録。ちなみに、後半2曲は映画「スパイ・ゾルゲ」の劇中曲なんだそうです。

 この楽譜を買った頃、はじめてクラシックギターのための曲を書くことになりまして、現代曲のギター譜ってどうやって書けばよいのかなあ、と思って買いました。同時に武満さんの「フォリオス」や、ブローウェルの「鐘の鳴るキューバの風景」の楽譜も買った記憶があります。そして、実際に見てみたら、意外と普通でした。そりゃそうですよね、曲自体がけっこうオーソドックスな作りの曲ですし(^^)。ただ、弦が飛んで交互に弾くようなところは、上と下の交互に連桁をつけていたりして、なるほどこうやって書けば変に上下2段に書かなくて済むなあ、なんて思ったりして。やっぱり、一流の先生が書いた楽譜を見ると勉強になりますね。

 そして、けっこうシンプルな楽譜だったので、自分でも弾けそうだなと思ってチャレンジしてみたら、けっこう難しかった(^^;)。ギターを初見で演奏する時に難しいと感じるのは、とにかく和音です。ひとつひとつの音を拾って押えないと、すぐに弾けない(^^;)。。ピアノだと運指の問題はあるにせよ、ドと言ったらあの鍵盤しかないので迷う事もないんでスが、ギターはドが色んな所にあったりするので、「ええっと…」みたいになっちゃうんですよね。それ以上にポジションと音がちゃんと一致していなくてうろ覚えなのがきつい(^^;)。。

 クラシックギターは、聴いてると「あ、これならすぐ弾けそうだな」って思えても、弾いてみると「うわ、これ、どうやったら弾けるの?」みたいなものがあって、なかなか骨が折れます。半面、取り組み始めると面白くてついつい5時間も6時間も弾いちゃいます。この曲、そこまで好きな曲じゃないのに、弾きはじめると夢中になってしまいました。クラシック・ギターって、ピアノとはぜんぜん別の面白さがある楽器だと思います!

関連記事
スポンサーサイト




Comments

03 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS