FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > 民族音楽・ワールド   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『モロッコの伝統音楽(ラスリとシュシャビ) MOROCCO / MAROC Arabic tradition in Moroccan music』

MAROC Arabic tradition in Moroccan music ハンフリー・ボガートとイングリッド・バーグマンが主演した『カサブランカ』という映画がありますが、あれを見ていて違和感を覚えた事のひとつは、「モロッコのバーで演奏されてる音楽がジャズとは思えねえ」って事でした。だから、サムが「時の過ぎゆくままに」を演奏しても、いい曲だと思うより先に違和感しか覚えなかったのです。もちろん、日本にロシア音楽を聞かせるレストランがあるように、戦時中のモロッコでもアメリカ人経営者が白人向けに経営しているバーならありうるんでしょうけどね。というわけで、土着のモロッコの音楽を聴いてみよう、そうしよう。これは、ユネスコのワールド・ミュージック・シリーズの中の1枚です。

 おお、やっぱり思いっきりアラビア音楽だ!そうなんですよね、アフリカ大陸といっても、その北側はマグリブと呼ばれるアラビア文化圏で、音楽もやっぱりアラビア音楽系なんですね。1曲目のウード弾き語りなんて、思いっきりタクシームから始まるマカームだし。2曲目もそうだし。いや~それにしてもマカームを聴くとどうしてこんなにグッとくるんでしょうか。やっぱり即興音楽では、ジャズよりも何よりもアラビア音楽が一番好きだな(^^)。ただ、イランやイラクやシリアほどのキレはない感じ。うまいんですけどね、あのキレッキレな感じはなくってどこかいなたく感じました。アラビア文化の中心地はマグリブでなくて西アジアという事なのかな?

 このCDでパフォーマンスしてるのは、全4曲ともABDESLAM CHERKAOUI という人でした。僕のつたない英語力でライナーを読むと(日本語解説つきと書いてある並行輸入盤を買ったのに、日本語解説がついてなかった- -*)、この方は伝統的な楽曲様式とエジプトの伝統音楽の両方を学んだ人みたいで、モロッコを代表する音楽家なんだそうで(ちなみにこのCDの録音は1988年)。というわけで、これはモロッコの中でも伝統音楽に近いものなんでしょうね。

関連記事
スポンサーサイト




Comments

05 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS