FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > 民族音楽・ワールド   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『モロッコの古典音楽 MAROC: USTAD MASSANO TAZI Musique Classique Andalouse De Fès』

MAROC USTAD MASSANO TAZI Musique Classique Andalouse De Fès もうひとつ、モロッコの古典音楽のCDを。これはフランスのOCORA原盤の1枚。このCDの主役はウスタード・マッサーノ・タージという人で、音楽家であり、同時に音楽療法を営んでいる宗教的な人物でもあるそうです。独奏ではなくて、アンサンブル演奏でした。

 おお、これはアラビアのマカームとはちょっと違う音楽だ!部分的にはアラビア音楽っぽいところもありましたが、大方はアンサンブル部分は西アジアでもアフリカでもスペインでもなく、インドやパキスタンの軽音楽みたいな雰囲気でした。これが噂のマグリブのアラブ・アンダルース音楽というやつか?!

 まず、このライナーによると、アラブ・アンダルース音楽のルーツは、9世紀にグラナダで活躍したジルヤーブZiryabという音楽家なんだそうです。ジルヤーブは「ナウバ」と「旋法の樹」というふたつのものを作って、これがアラブ・アンダルース音楽に決定的な影響を及ぼしたそうです。
 「ナウバ」はアラブ・アンダルース音楽に不可欠の音楽形式で、有拍と無拍のリズムの交替、声楽と器楽の交替、9種類のリズムが一定の順序で演奏される事、ひとつの旋法が選ばれる事、なんていう規則があるんだそうです。なるほど、だから1曲がメドレーみたいな感じんあってて、しかも長いんだな。
 「旋法の樹」は、自然界の諸要素と、中世アラブの医学の体液になぞらえて、旋法体系をロジックツリーの図形化したものだそうです。こういう枝分かれした組織図形を見ると、ユダヤのカバラを思い出してしまうのは僕だけでしょうか(^^)。

 音楽で体を治すというのは、祈祷師が医師や音楽家を兼ねるようなものなのかも。西アフリカにいるグナワとか、そのへんの伝統とかぶってるのでしょうか。音楽としては、スペインのミの旋法やアラビアのマカームの旋法の過半数を占めるマイナー系の旋法と違って、思いっきり長調だったりするので(色んな旋法があるんでしょうが、このCDに入ってる2曲は両方ともメジャー系。それどころか、思いっきりアイオニアンから始まってました)、あんまりエキゾチックさは感じず、印象だけで言えば優雅な音楽という感じでした。CDのタイトルにも入っている「Fès」(フェス)というのはモロッコの一都市で、この町ではこういう伝統的なアラブ・アンダルース音楽はだんだん聞けなくなってきてるのだそうです。なんか、ちょっとさみしいですね。。

関連記事
スポンサーサイト




Comments

02 2020 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS